1265
Reviews
エナジードリンクレビュー掲載中
376
Comments
みんなの口コミ&感想掲載中
7000
Collections
世界各国へ行き集めたコレクション

Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREE

投稿日:2022年1月15日|最終更新日:2022年12月27日

Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREE
イギリスで発売されているトロピカルエディションのシュガーフリーです。イギリスではエディションシリーズのシュガーフリー版も発売されることが多い数少ない国。

絶品のトロピカルフルーツフレーバーのゼロ化はどのように仕上がったか楽しみです。

Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREEの基本情報

メーカーレッドブル
製造国スイス
価格(購入時)200
トロピカルフルーツ(酸味)
総合評価★★☆☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界7,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

無理して頑張った感のあるシュガーフリー・トロピカルフルーツフレーバー

香り自体はフルシュガーのトロピカルエディションと同じ。ゼロ感は感じられません。見た目も変わらないしシュガーフリーと言われてもわからないでしょう。
Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREEの味
飲んでみると酸味がやや控えめで旨味がなくなった、まろやかな甘味のフルーツキャンディーのような味。フルシュガーの美味しさを知っているだけに中途半端な味に感じてしまいます。

人工甘味料の風味は頑張って抑えているものの若干隠しきれていない部分もあり特に後味に残る風味が少し気になりました。

フルシュガー版のトロピカルフルーツの再現度は高かったのですが、シュガーフリーになった途端フルーツ感がなくなってしまい、頑張って再現しようとして失敗した感じが否めません。どちらを選ぶと聞かれれば間髪入れずフルシュガーと答えます。不味くはないもののあえて飲む必要性は感じられないかな。

Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREEのエナジー成分

Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREEエナジー成分
カフェイン80mg、タウリン1000mg配合。標準的なエナジー成分配合量です。

Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREEのデザイン

エディションシリーズのシュガーフリー版は右下が鏡面シルバーで切り取られたデザインになっています。
Red Bull TROPICAL EDITION SUGARFREEのデザイン
オリジナルのシュガーフリー同様水色が差し色として入っているのも特徴で、既にレッドブルシュガーフリーのイメージで定着していることもありわかりやすいですね。もちろんタブもシュガーフリーの水色を採用しています。

エディションシリーズのシュガーフリーは特定の国でしか展開していないので、イギリス旅行の際はぜひ探してみてくださいね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのRed Bull TROPICAL EDITION SUGARFREEの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント