Red Bull PEAR EDITION SUGARFREE

投稿日:2020年5月 3日|最終更新日:2020年5月 3日

Red Bull PEAR EDITION SUGARFREE
2019年に発売されたシュガーフリーシリーズの新作ペアエディション。アメリカオリジナルの商品で他国に展開しない珍しい1本。

メーカーレッドブル
製造国オーストリア
価格300円

甘酸っぱい洋梨&アップルフレーバー

グラスに注ぐと想像していた色とは違う透明感のある落ち着いたライムグリーンでした。洋梨フレーバーで緑色はちょっと違うかな(^_^;)

Red Bull PEAR EDITION SUGARFREE
洋梨の甘い香りが鼻を抜けていき、口に含むと甘酸っぱい洋梨の風味、グリーンアップルのような爽やかな酸味も感じられ、後味に苦味が僅かに残ります。この苦味が人工甘味料そのものの味が出てしまっているのか、あえてペアエディションがこの味になっているのかは微妙ですね。

レッドブルはこれまでシュガリーフリー製品において人工甘味料を感じさせないように工夫することがほとんどありませんでした。今回のペアエディションも例外ではなく残念ながらゼロ感は隠しきれていません。当然不味いわけではありませんが、リピートしたいとは思えない完成度。

洋梨の甘い香りをより強くすれば果実感も増して美味しくなりそうです。ちょっと勿体ないかな。

Red Bull PEAR EDITION SUGARFREEのエナジー成分

Red Bull PEAR EDITION SUGARFREE
カフェイン114mg、タウリン1420mg配合。シュガーフリーですが15kcalあります。完全にゼロカロリーになるとシュガーフリーではなくトータルゼロシリーズになります。

Red Bull PEAR EDITION SUGARFREEのデザイン

Red Bull PEAR EDITION SUGARFREE
洋梨なのに深緑のメインカラー、そしてシュガーフリーシリーズ世界共通の斜めでシルバーにカットされたデザイン。

しかしこんなに濃いグリーンにする必要あったのかな(^_^;)洋梨だとこれくらいの明るいグリーンでも良かったのに。
Red Bull PEAR EDITION SUGARFREE
実はレッドブルには黄緑色のグリーンエディションが既に定番商品として継続販売されているんですよね。別フレーバーなのに既存商品と色が近いと一般の消費者には区別がつかなくなりそうです。

しかし2020年のサマーエディション・ウォーターメロンは既存商品のレッドエディションと同じ赤い缶で出してしまいました。2017年からレッドブルのエディションシリーズはかなり微妙です。商品ごとの色分けだけでなくデザインをそれぞれ作り込んだほうが良さそうですね。

Red Bull PEAR EDITION SUGARFREE
タブはシュガーフリーシリーズ共通の水色。

これまでアメリカで発売されたシュガーフリーシリーズは残念ながら製造終了しています。個人的にペアエディションもかなり微妙だと思っていて恐らくアメリカ人もそう感じているのではないかと(^_^;)さてどこまで生き残れるでしょうか!?

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram