WATT ENERGY LIGHT

投稿日:2021年1月16日|最終更新日:2021年2月23日

WATT ENERGY LIGHT
ハンガリーの低価格エナジードリンクブランド、WATT LIGHTです。オリジナルのシュガーフリー版。現在は「クラシックゼロ」という商品名に変更になりました。

WATT ENERGY LIGHTの基本情報

メーカーUSZESZ(Aquarius-Aqua)
製造国ハンガリー
価格50円
王道系
総合評価★★☆☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

甘味が抜けた酸味のあるフルーツ系王道フレーバー

WATT ENERGY LIGHT
人工甘味料の甘味はほとんどなく程よい酸味と人工甘味料の風味が感じられるフルーティーな王道系フレーバー。

ヨーロッパの王道系フレーバーのシュガーフリーは甘味だけを抜いた酸っぱい味になる商品も多いですが、WATT LIGHTは人工甘味料の甘味を残したライトな口当たりが特徴的な王道系ゼロフレーバーです。

オリジナルと比べれば当然さっぱりしていて軽やかではありますが、人工甘味料の不味さを意識することなく飲めます。

ゼロシュガーなのにどこかに飲みやすさを感じるんですよね。酸味を強くしすぎないとか香りは程よく残るようにとか、絶妙なバランスが取れているのだと思います。

WATT ENERGY LIGHTのエナジー成分

WATT ENERGY LIGHT
カフェイン75mg、朝鮮五味子、ダミアナ、ガラナ配合。WATTの標準的なエナジーブレンドです。

WATT ENERGY LIGHTのデザイン

白い缶にキラキラ輝くブルーが美しい(*´ェ`*)シンプルで絶妙な余白も相まってクリーンな印象です。シュガーフリー製品であることも伝わりやすそう。
WATT ENERGY LIGHT
個人的にはこのデザインのWATT LIGHTが好きだったのですが、2018年にはガラッと印象が変わってしまうんです。

2018年からはオリジナルの赤に合わせて銀を多めに配色しただけのデザインに。
WATT ENERGY LIGHT
赤いオリジナルのゼロ版であることは伝わりやすくなりました。が、ゼロを買うつもりが色が似すぎていて間違えてフルシュガー版を買ってしまうこともありそう。その逆も当然起こり得ますよね。

個人的にはWATT LIGHTの白・青の組み合わせのほうが好みです(*´艸`*)

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのWATT ENERGY LIGHTの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント