ブラックアウト・ヴァイス

投稿日:2020年8月25日|最終更新日:2020年8月25日

ブラックアウト・ヴァイス(Blackout Weiß)
2017年数量限定発売のドン・キホーテのエナジードリンク・ブラックアウトシリーズ、ヴァイス。過去のブラックアウトシリーズの中でも個人的に好きなフレーバーでした。

メーカーDDT
製造国日本
価格178円
乳酸菌飲料系
総合評価★★★☆☆

爽やかな炭酸乳酸菌飲料

ブラックアウト・ヴァイス(Blackout Weiß)
グラスに注ぐと乳白色、「ヴァイス」という名前の通り中身は白く濁っていて乳酸菌飲料の香りが広がります。

口に含むと酸味が特徴的な乳酸菌飲料、カルピスソーダのような味。後味はスッキリしていてこってり舌に残り続けることはなく爽やかです。

特に癖のある味や香りをつけずオーソドックスな乳酸菌飲料系のフレーバーにとどめたのは評価できるでしょう。無駄に特徴を出そうとして失敗するケースは日本エナジードリンク界のお家芸。

一方今回のブラックアウト・ヴァイスは甘味・酸味・乳酸菌飲料独特の風味・後味、それぞれが突出せず、全体的に安定した美味しさで500mlでもちょうど良い量に感じます。朝起きてからすぐ飲めるナチュラルな味わいはブラックアウト史上最もイケてる1本だと思います。

ブラックアウト・ヴァイスのエナジー成分

ブラックアウト・ヴァイス(Blackout Weiß)
カフェイン150mg、アルギニン565mg、アスパラギン酸55mg、アラニン24mg、イソロイシン36mg配合。乳酸菌も入っています。

ブラックアウト・ヴァイスのデザイン

ブラックアウト・ヴァイス(Blackout Weiß)
ブラックアウトシリーズお馴染みのポエム。「純白の騎士」は白い中身にかけてるのかと思いつつ・・・、内容は毎度意味不明なのでスルーでOKです。

ブラックアウト・ヴァイス(Blackout Weiß)
バーコード部分も特徴あるデザインなのがブラックアウトシリーズ。今回は卵から生まれた不死鳥?ポエムと何か関連あるのかと思いましたがそんなことないみたい。

ブラックアウト・ヴァイス(Blackout Weiß)
ヴァイスのブルーのラインはぐるっと缶に描かれた無限大。色合いはけっこう好きです。ヴァイスはこれまでのブラックアウトシリーズ共通の黒ベースの缶でしたが、中身の色そのままに純白の缶でもインパクトあったかも!店頭がカラフルになって特に新作なら目を引きそう。

ブラックアウトはシリーズ化して毎年新作を出すようになり完全に定着しているので、今後も色々なデザインに挑戦してほしいですね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのブラックアウト・ヴァイスの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram