effect energy VOLTAGE

投稿日:2021年2月20日|最終更新日:2021年4月29日

effect energy VOLTAGE
ドイツの老舗エナジードリンクブランドeffectのボルテージ。4フレーバー同時に発売された新シリーズ。

この缶のカラーを見るとグアバフレーバーかな?と想像しますよね。でも違うんですよ、この中身の色も見てどんな味だと思いますか!?

effect energy VOLTAGEの基本情報

メーカーMBG
製造国ドイツ
価格150円
オレンジグレープフルーツ柑橘系フルーツ
総合評価★★★★★

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

みずみずしい果肉感たっぷりの柑橘系フルーツミックスフレーバー

開栓するとグレープフルーツのようなビターな香り。缶カラーからは想像し難い香りがしたのでびっくり。
effect energy VOLTAGE
グラスに注ぐと濁った発光イエローが出てきました。グラスからはさらに柑橘系フルーツ、特にオレンジのみずみずしい香り広がります。これはどう考えても極上のフルーツフレーバーでしょう。間違いない!

口に含むとオレンジ果肉をかじったようなジューシーな旨味、そこにビターで爽やかなグレープフルーツが追いかけてきます。

effect energy VOLTAGE
果肉の甘味、爽快感ある酸味と苦味、僅かに残るオレンジピールの香りが複雑な風味を楽しませてくれる最高のオレンジ系フレーバーです。これで果汁配合でなければどうなるんだと思ったらレモン3%とオレンジ2%のたった5%配合でした。これでよくここまでの複雑な旨味を再現したなと感心します。

味のベースはモンスターエナジーロッシに近く、果実感のレベルで言えば日本のアワライズがこれに近いジャンルですね。味自体は柚子とオレンジの違いはありますが、どちらも果実の旨味をしっかり再現して驚くほどレベルの高いジュースエナジーを実現していると思います。アワライズ系が好きな方はeffect VOLTAGEを飲んだら倒れるレベルの美味しさに感動するでしょう。

effect energy VOLTAGEのエナジー成分

effect energy VOLTAGE
カフェイン160mg、タウリン2000mg、高麗人参400mg、ガラナ50mg、グルクロノラクトン、カルニチンなどを配合。

果汁5%配合でレモン3%、オレンジ2%のバランス。たったこれだけの果汁で丁度よいフルーツ感を作り出すわけで、正直驚きです。

effect energy VOLTAGEのデザイン

effect energy VOLTAGE
マットな質感のパープル。炭酸の泡が立ち上るような波形のようなデザインが描かれています。このデザインで最高の柑橘系フレーバーが味わえるとは想像もつきませんよね。

缶デザインから中身の味がわからない謎の期待感が高められることもありますが、個人的には商品を手に取ったときから美味しそうなフレーバーを想像しながら期待感が高まることが多いんですよね。そしてeffect VOLTAGEはそんな期待以上のフレーバーです。もう少し柑橘系フルーツをイメージしやすいデザインのほうが良かったなぁ・・・。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのeffect energy VOLTAGEの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント