MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY
2018年に発売された新シリーズMAXXのスーパードライです。MAXXの前身であるエクストラストレングスシリーズからこのスーパードライだけがMAXXシリーズに引き継がれました。前シリーズではとにかく痺れるくらい美味い強烈なフレーバーに心を奪われているのでリニューアルして味が変わってしまったのか、その辺も飲み比べてレビューしていきます。

甘酸っぱく刺激のある、圧倒的美味しさのシトラス系フレーバー

開けた瞬間に吹き出すのは柑橘系の香り。オレンジやライム系の濃厚な香りです。

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY
グラスに注ぐと、濁りながら発光するライムグリーンにナイトラステクノロジーの柔らかい泡立ちがもくもくと立ち上がります。あぁ、シビレますねぇ(*´艸`*)
もこもこ泡はグラスに落とすように意識して注ぐとより泡立ちやすいですよ。しかし泡の持続時間は短いので今回急いで撮影しました(^_^;)

ではさっそく飲んでみましょう!口に含むとまずみずみずしいオレンジの果肉の甘味、続いて間髪入れずにオレンジ、ライム、レモンなどの酸味が口いっぱいに広がります。柑橘系の強い香りも同時に鼻を抜けていき、飲んだあとにオレンジピールの爽やかな香りに変わっていくので終始柑橘系フルーツの濃厚な味わいを楽しめます。こんなにフルーティーで旨味のあるフレーバーだったっけ?というほど感動。

後味はMAXXシリーズ独特の舌に残る刺激と香りが持続します。この強い余韻はシトラス系フレーバーではトップクラスです。かといって残留物が残り続けるウザさはまったくないんです。

VR46モンスターロッシと近い雰囲気もありますがそれとはまた違うパワフルな美味しさに昇華させていると思います。よくこんな味を作ったなと誰もが思うはず。何百種類もエナジードリンクを飲んでいますが何度飲んでもモンスターエナジーのナイトラス、エクストラストレングス、そして今回のMAXXと、すべてが飲んだ瞬間に心を奪われます。何も言えないですね(;´∀`)

MONSTER MAXX SUPER DRYのエナジー成分

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY
カフェイン180mg、タウリン、高麗人参、ガラナ、カルニチン等々のモンスターエナジーブレンドで構成されています。
カフェイン量は前シリーズのエクストラストレングス・スーパードライが160mg配合だったのでMAXXになって20mg増えています。

今回飲み比べで2本同時飲みをしていますが全く飲み飽きることはなく・・・2本で340mgのカフェイン量。もしMAXX2本だと360mgになるので飲み過ぎ注意です(^_^;)

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRYのデザイン

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY
グリーンのジュワーッと広がるこのデザイン、モンスターエナジーらしいというか、これぞエナジードリンク!らしいデザインで面白いですよね。これ効くんじゃない!?と多くの人に感じさせるようなデザイン、カラーです。MAXXシリーズに切り替わってからこのデザインにシリーズ全体で統一されています。最近はジュースシリーズやウルトラなど凝ったデザインのものが多くなりましたが、このようなシンプルだけどエナジードリンクらしさが伝わるデザインも良いですね。355mlというスリムタイプのサイズ感も美しいです。

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY
タブは初期製造モノでグリーンのリングタブです。ほかのMAXXシリーズの1stリリースものと同じとなっています。

MONSTER MAXX SUPER DRYとEXTRA STRENGTH SUPER DRY飲み比べ

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY
旧シリーズ・エクストラストレングスの最新製造モノを今回の比較のために2017年11月のアメリカ遠征で確保しておいたので鮮度の良い状態同士で飲み比べしたいと思います((o(´∀`)o))

このように並べると泡立ち具合や色などそっくりそのままという感じですね。濁って発光しているこのライムグリーンは何とも言えない美しさ。

味を飲み比べ

まずは新作MAXXから。やはり濃厚な甘味と酸味のバランスが優れていてオレンジなどの柑橘系フルーツの旨味が言葉にならないほど美味しいです。

そしてすぐにエクストラストレングスのスーパードライを。こちらは味の系統はまったく同じシトラス系の味わいですが、MAXXと比較するとフルーツ感が弱め、口に含んだときの第一印象が違います。味自体は同じですが濃厚な柑橘系フルーツの重さがMAXXに比べると弱めなんですね。エクストラストレングス自体は美味しいのですが、MAXXがそこに改良を加えたような形です。

スーパードライの軸はそのままに濃厚でスムースな味わいを維持しながらまろやかでみずみずしいフルーツ感を凝縮して加えたのがMAXX。より美味しくなったと言えるでしょう。もともとこのシリーズが濃厚でパンチのあるフレーバーを揃えているシリーズなので、味自体がより芳醇に濃厚になっていくのは歓迎されるアップデートなのではないかと思います。

成分に違いは?

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRY
大きく違うのはカフェイン配合量が20mg増えて180mgになったことでしょう。

味に関して言えば糖質がMAXXは3gほど多いようです。味にどれくらいの影響があるかは不明。そのほか香料なども色々調整してより濃い感じにしているのではと思います。

今回は飲み比べてみてわずかにではありますがMAXXのスーパードライのほうがより美味しさを高めてきたのではないかと感じられたこと、フレーバーの軸は一切ブレていないことがわかり、良い比較になったかなと思います。今後もスーパードライはモンスターエナジーの中でも最上級クラスのフレーバーであることは間違いないでしょう。

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram

MONSTER ENERGY MAXX SUPER DRYの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について