エナジードリンクを飲むと痩せる?

投稿日:2022年10月26日|最終更新日:2022年12月 8日

結論から言うと、エナジードリンクを飲んで痩せることはありません。

あくまでも摂取カロリーと消費カロリーの差によって太ったり痩せたりする、極めてシンプルな計算で脂肪の増減はなりたっているので、カロリーのあるエナジードリンクを飲んで痩せることはまずありえません。

ただし一部のエナジードリンクをダイエットに活用することは可能です。エナジードリンクを飲んだだけでは痩せないことを念頭に置いて、どのようにダイエットに活用していくか見ていきましょう。

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界6,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

もしエナジードリンクを飲んで痩せるとしたら

食事の摂取カロリーが少ない場合

エナジードリンクを飲んでいても痩せるとするならば、それは食事による摂取カロリーが消費カロリーを大幅に下回っている場合です。エナジードリンクを飲んでも消費カロリーのほうが多い場合は痩せます。

とは言え脂肪1kgあたり7200kcal消費する必要があり、体重の減りが早い場合は脂肪が減っているのではなく体の水分量が減っていることがほとんどです。そう簡単に体脂肪が減ることはありません。

ちなみに摂取カロリーが少ない状態が続くと体が飢餓状態と判断し代謝を落として脂肪を減らさないモードに突入します。いわゆる代謝が低下した状態です。この状態になるといくら摂取カロリーを減らしても脂肪を落として痩せることは非常に難しくなります。この状態で体重が落ちている場合は水分か筋肉が減っているだけのことが多いです。

0カロリーのエナジードリンクを飲んでいる場合

ゼロシュガーでゼロカロリーのエナジードリンクを飲んでいる場合は理論上カロリーを摂取していないので太ることはありません。

その上で消費カロリーが摂取カロリーを上回っていれば痩せていきます。

ただし運動をせず日常生活だけで消費されるカロリーが摂取カロリーを上回ることは意外と難しく、結果的に食事量のコントロールが必要になる場合が多いです。

エナジードリンクをダイエットに活用する

ダイエットにエナジードリンクを効率よく活用するなら下記のようなプランを立ててみるのはどうでしょう。

  • たんぱく質摂取量を体重×1g以上を心がける
  • 低脂質な食事内容を徹底
  • 毎日代謝を維持するための運動を取り入れる
  • 運動前にゼロカロリーでカフェインの多いエナジードリンクを飲む

摂取カロリーを抑えているので筋肉の減少をできるだけ避けるためにたんぱく質摂取量は一般的な平均摂取量よりも多めにします。また脂質は避けます。エネルギー源となり筋肉のたんぱく質合成を促す炭水化物は減らさないこと。

エナジードリンクはゼロカロリーで脂肪燃焼効果のあるカフェインを多く含むものを運動前に摂取することで運動中の脂肪燃焼を促します。

燃焼系エナジードリンクを飲んでもそれだけでは痩せない

ちょっとフィットネスの専門的な話になってしまいましたが、エナジードリンクを飲むだけで痩せることはまずないこと、痩せるためには摂取カロリーよりも消費カロリーを高くすること。このセオリーを守りながら、脂肪燃焼をサポートするもののひとつとしてゼロカロリーのエナジードリンクを活用するのはアリだと思います。

ちなみにエナジードリンクに含まれるカフェイン以外のアルギニン、ビタミン、カルニチンなどはサプリメントと比較して圧倒的に少ないのでダイエット効果ももちろんほぼないと考えたほうが良いです。

エナジードリンクをダイエットに活用するならシンプルに「ゼロカロリーであること」と「カフェインが多めのもの」を選べばOKです。