MONSTER ENERGY Rehab ROJO TEA

MONSTER ENERGY Rehab ROJO TEA
モンスターエナジー・リハブ・ロホです。これそのままローマ字読みのようにロジョと読むかロホと読むか。エナジー・ドリン君的にはロホでいこうかなと思います。後述します。

紅茶系の甘いクランベリーフレーバー

香りが紅茶そのもので、紅茶の香り・味ともに苦手なドリン君はROJO TEAもちょっと厳しい感じ。

グラスに注ぐと濁りの強い赤茶色のROJO TEA・・・缶デザインの鮮やかで刺激的な赤とは違い、エナジードリンクの一般的なイメージとも違いますよね。この色は大丈夫かしらと思う人、多いでしょう(^_^;)

飲んでみると紅茶の香りと甘いフルーツティーフレーバーで、一応クランベリー果汁が配合されているようです。紅茶っぽさはかなり軽減されていて紅茶を楽しみたい人からすると物足りないようですがドリン君としては苦手な紅茶の香りと味を感じてしまうのでこれで十分かなといった感じ。

クランベリーフレーバーかどうかは微妙ですが甘いフルーティーな味は意外と飲みやすく慣れてしまうとゴクゴク飲んでしまいます。最初は違和感があるし苦手意識が強かったのですが何本か飲むうちにまったく抵抗なく飲めていて、スッと喉を潤してくれるのでこのROJO TEAもリハブシリーズもすべてサラッと喉を潤したいときに最適だと感じています。ROJOはあまり人気がないように感じるのですが、それでも大量の濃厚エナジードリンクに囲まれた生活をしているとたまにROJO始めリハブシリーズが恋しくなる時があるのも事実。

MONSTER ENERGY Rehab ROJO TEAのエナジー成分

カフェイン161mg、タウリン、高麗人蔘、カルニチン、ガラナなどのエナジーブレンド配合。クランベリー果汁5%配合です。
カロリーはたった20kcalでこの甘さは驚きですね(u_u*)

シェイク用に458ml入りになっています。あまり目立ちませんがやはり茶色く細かい沈殿粉末が確認できます。

ロホかロジョかについて

ROJOと書いてロホと読むと思っていました。スペイン語読みするとロホになるんですよね。San Jose(サンノゼ)もサンホセと言うのはこういうことらしいです。じゃあアメリカの人たちはどう発音しているのか、ということで動画で見てみるとこれがまたロホとロジョで分かれてるんですよね。なぜなんでしょうか・・・。

この辺あまり詳しくないのですが、スペイン語でロホと言うと『赤』という意味になるため赤いデザインと赤い液体、ということでロホでいいんじゃないかなと思ってます。ROJOの意味がわからないという方が多いようですが、普通にロホって読んでいればそれっぽく理解できるんじゃないでしょうか。

ちなみにリハブはラスベガスのハードロックホテルでやってるリハブプールパーティーから取ってるんだと思います。後付で色々な意味をつけてると思いますけどね。
では今日のリハブの模様を感じてください((o(´∀`)o))

MONSTER ENERGY Rehab ROJO TEAの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について