JAVA MONSTER BIG BLACK

投稿日:2015年12月 2日|最終更新日:2020年4月17日

JAVA MONSTER BIG BLACK
初代JAVA MONSTERシリーズのうちのひとつ、JAVA MONSTER BIG BLACKです。JAVAシリーズの中でも甘すぎないコーヒーらしさを楽しめる一本。

メーカーモンスターエナジー
製造国アメリカ
価格300円

コーヒーらしさを楽しめるレベルの高いJAVA MONSTER

開栓するとコーヒーらしい香ばしさが漂い、他商品のようなミルクの甘い香りはあまり感じません。甘い香りはしますが、キャラメルやチョコレートに近い香りに仕上がっています。

この香りならドリン君でも美味しく飲めそうな予感((o(´∀`)o))
JAVA MONSTER BIG BLACK
口に含むとやはり香りで感じたとおりミルクのクリーミーな甘味は控えめでJAVAモンスターシリーズの中でも特に飲みやすいです。

とは言え本来のコーヒーらしい苦味やコクは当然なくて、甘い北米系コーヒー飲料であることは間違いありません。日本のコーヒーモンスターよりも断然甘くクリーミーな舌触りが感じられます。この甘さやテクスチャーはやはりJAVAモンスターシリーズの軸がブレないなと感じたところでした。

JAVAシリーズに甘さを求める人にとってBIG BLACKは物足りなく感じるかもしれませんが、日本人にも受け入れやすいレベルにまで抑えられた甘味は個人的に大歓迎です。

飲みやすさで言えばJAVA MONSTERシリーズトップでしょう。

甘党多勢のアメリカでは人気が出なかった可能性

しかしここまで甘さを抑えたことでアメリカではあまりウケなかったかもしれません。というのも既に製造を終了しているから。記憶が曖昧ですがドリン君がアメリカにいた頃に見かけたかどうか微妙です。帰国してから発売し、またアメリカに行くようになった頃には店頭から消え去っていました。

アメリカでもBIG BLACKくらいの甘さが丁度良いと感じる人もいたでしょうが、同じJAVAシリーズのロカモカがあればBIG BLACKは不要となったのかもしれません。

そうそう、やっぱりJAVAシリーズ独特の固形物が想像通りで・・・。
JAVA MONSTER BIG BLACK
よく振ったのにもかかわらずここまで固形物が浮いてくるのは劣化ではなく仕様です。
当然BIG BLACKを開けたのは賞味期限を過ぎていますが、賞味期限内のJAVAシリーズも似たようなもの。そこまで心配する必要はない、と思い込むようにしていますΣ(´∀`;)

JAVA MONSTER BIG BLACKのエナジー成分

JAVA MONSTER BIG BLACK
カフェイン188mg、カルニチン、ガラナ、マルトデキストリン、高麗人参、タウリンなどを含みます。

JAVA MONSTER ORIGINALEへとリニューアルするBIG BLACK

JAVA MONSTER BIG BLACKはJAVA MONSTERが発売された当初の商品のひとつ。ほかにはミーンビーンロカモカがあります。これら3つのうちで最初に姿を消したのがこのJAVA MONSTER BIG BLACKでした。
JAVA MONSTER BIG BLACK
いち早く終売となったあとは商品名をJAVA MONSTER ORIGINALEと変えて発売。デザインも成分も基本的には変わりませんが、味はリニューアル後のORIGINALEのほうがよりコーヒーらしさを楽しめるようになったと感じました。実はこのORIGINALEも短い命だったのですが・・・。

JAVA MONSTER BIG BLACK
モンスターエナジーならではのロゴタブ。一部缶デザインがわずかに異なりリングタブのBIG BLACKも存在します。

今回のBIG BLACK以外にも過去にはNUT-UP、TOFFEE、CHAI HAI、RUSSIANほか様々なコーヒーフレーバーが充実していたJAVAモンスターシリーズ。これらが消えて10年ほど経った2018年以降、JAVAシリーズにとどまらない豊富なコーヒーエナジーシリーズを展開するモンスターエナジー。
JAVA MONSTER BIG BLACK
JAVAシリーズひとつだけでなく同じコーヒーでも複数シリーズがあったほうが見た目も味も選択肢がより広がって楽しめますもんね。残念ながらBIG BLACKは消えてしまいましたが、現在はより種類豊富なコーヒーシリーズを飲むことが出来て以前より遥かに充実しています。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram