BOOSTER FIRE

投稿日:2020年4月30日|最終更新日:2020年4月30日

BOOSTER FIRE
2017年発売の限定商品、BOOSTER FIREです。シナモンシリテイストとのことで、苦手な香辛料系フレーバーかなと思っていたらそうでもなかった拍子抜けNo.1のエナジードリンク。

メーカーEUCO GmbH
製造国ドイツ
価格70円

コーラグミフレーバー

BOOSTER FIRE
ジンジャーエール系の色で香りもややジンジャー系の香りがするのでハズレ来たなぁ・・・と思ったのがBOOSTER FIREの第一印象。

口に含むと漢方系のような香りが鼻を抜けていくものの、味自体は香辛料の辛味はなくコーラグミの「甘くない」甘味。コーラ味ではなくコーラグミ味というのが正しく、はっきり言えば飲み続けるのは厳しいです(;´∀`)

缶には「シナモンチリ」と書いてありますがシナモンの香りはなく、辛味もないので飲む前の印象と味が大分違いました。
BOOSTER FIRE
日本の辛いエナジードリンクを想像していたので拍子抜けしましたが、かと言って美味しいわけではないのでかなり微妙です。

BOOSTER FIRE
口に残る残留物はなし、香りはコーラグミの風味が残る程度で、後味の抜け感は日本のモンスターエナジー・キューバリブレと同じ路線かな。期間限定で逆に良かった商品でしょう。

BOOSTER FIREのエナジー成分

BOOSTER FIRE
カフェイン105.6mg、タウリン1320mg配合。香辛料が入っているとおもっていましたが、特別な成分は入っていないようです。70円の低価格エナジードリンクなのでこんなもんだろう、という感じでしょうか。

BOOSTER FIREのデザイン

BOOSTER FIRE
缶全体がザラザラした感触で集中線のドットだけ普通のツルツルなので逆エンボス加工のような手触り。安いエナジードリンクブランドにしては凝っていますよね。FIREの文字部分は燃えている部分だけがザラザラしています。

BOOSTER FIRE
同時に発売されたBOOSTER ICEとセットで数量限定販売されました。限定商品としては面白いですが味がね・・・。

BOOSTER FIRE
シルバートップにレッドタブ。缶デザインとセットで辛そうなイメージのレッドタブにも見えますね。缶デザインは全体的になかなか良いと思いますが中身が残念な1本でした。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram