BOOSTER GREEN GRASS

投稿日:2020年4月21日|最終更新日:2020年4月21日

BOOSTER GREEN GRASS
2014年発売、アップルミントフレーバーのBOOSTER GREEN GRASSです。ブースターシリーズの定番商品でしたが現在は製造終了した商品。

メーカーEUCO GmbH
製造国ドイツ
価格70円

甘酸っぱいミントキャンディー?

エナジードリンクらしい明るくクリアなグリーン。「アップルミント」とのことですが、ミントの香りは感じられませんでした。

BOOSTER GREEN GRASS
口に含むと清涼感を感じるミントの風味が広がりますが、アップルフレーバーはほとんど感じられません。控えめな甘酸っぱいキャンディーにミント風味を添加したような味で、アップルはどこにもないんですよね。

どの飲料でもそうですがアップルフレーバーはかなり強めにしないと味や香りをなかなか認識できない風味。

BOOSTER GREEN GRASSに限らず中途半端なアップルフレーバー商品を事前情報なし&目隠しで飲むとほとんどの人がアップル風味とは答えられないでしょう。缶に「アップル」と書かれているから「アップル」のイラストが描かれているから「たぶんアップルかも」と皆「理解しよう」とはするんですが、BOOSTER GREEN GRASSの場合はそれも厳しいと思います。

もっと濃厚なアップル風味にミントの香りと強めの清涼感をつけたほうが商品の個性も出ただろうし良かったかもしれないですね。BOOSTER GREEN GRASSはミントの香りは中途半端だし全体的に何を飲んでいるかわかりません(ヽ´ω`)

BOOSTER GREEN GRASSのエナジー成分

BOOSTER GREEN GRASS
カフェイン105.6mg、タウリン1320mg、ガラナなどを配合。一応りんごも入っているようですが味としてはかなり微妙ですね。

BOOSTER GREEN GRASSのデザイン

BOOSTER GREEN GRASS
なぜグリーングラスという商品名にしたのかは謎。飲む前は青臭い草フレーバーかと思っていました(^_^;)

2014年から2年ほどで製造終了。味が微妙だと感じましたしブースターはフレーバーが意外と多いので選ばれなかったのかもしれませんね。味がかなり微妙で一歩間違えればゲテモノ系になっていたのではと思うのでこれは納得できます。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram