MONSTER ENERGY UNLEADED

投稿日:2015年5月14日|最終更新日:2020年1月 1日

MONSTER ENERGY UNLEADED
ノンカフェインモンスターエナジー、モンスターエナジーアンリーデッド。
モンスターエナジーファンでこれを待っていた人は意外と多いはず。中身はモンスターエナジーのオリジナルと同じ味と思っている方も多いと思いますが実際は違います。

メーカーモンスターエナジー
製造国アメリカ

オリジナル王道フレーバー

MONSTER ENERGY UNLEADED
グラスに注ぐとやや明るい黄色で王道系の色。

アンリーデッドを飲む前から味はオリジナルなんだろうな、じゃなきゃ出す意味って・・・と思っていたところ、本当にオリジナルとほぼ同じ味、香りに仕上がっていて、まったく遜色ありません。
オリジナルが黒い缶に対してアンリーデッドはグレーなので外観はシュガーフリーとか薄めのイメージをどこかに持っていましたが全然そんなことはなく((o(´∀`)o))

モンスターエナジー独特の濃厚なこってりした味です。甘さや酸味などのバランスが整っていてやっぱり帰ってくるところはここだよな、と。

カフェインフリーで何がエナジードリンクなんだ?

一般的には『カフェイン入ってないモンエナって何、エナジードリンクなの』的な声がかなり多いと予想しています。エナジードリンク=カフェイン多い、という刷り込みが多いので仕方ないと思いますけどね。

でも『モンスターエナジーオリジナルのこのフレーバーが好きだけど体質もあるしカフェインは控えたい』という方も実際にいるんですよね。特にモンスターエナジーオリジナルのフレーバーがとにかく好きで毎日飲みたい、というモンエナ厨(●´ω`●)

カフェインが多ければ良い、凄い、クレイジー、そんなイメージがつきまとうエナジードリンクですが、常飲する人にとってはカフェイン摂取のためにエナジードリンクを飲んでるわけではない場合が多いと思います。というか『カフェイン大量でキマった!』的な人はもういないんじゃないだろうかと思えるほど。ココらへんはもう特別なときに飲む人と常飲する人の大きな違いだと思います。

エナジー・ドリン君の感想としては、よく出してくれた!これに尽きます。

モンスターエナジーアンリーデッドのエナジー成分

缶裏面に記載の通り、カフェインはゼロ、そのほかは通常のモンスターエナジーブレンドとしてタウリン、朝鮮人参、カルニチンが含まれていてさらにアルギニンも含まれているようです。

MONSTER ENERGY UNLEADED
初めてこの角度の写真がリークされたときは多くのマニアたちが『ガセだ!』と言っていたのが懐かしいです。本当にカフェインレスモンスターエナジーができてしまうとは。

しかし発売前はかなり話題になったもののやはりそんなに人気が高いわけではないようで・・・。一般的な消費者としてはカフェインレスのエナジードリンクをわざわざ買う必要なし、という感じである可能性は高そうです。というか高いでしょうw

日本でモンスターエナジーアンリーデッドの発売可能性

日本でMONSTER ENERGY UNLEADEDの発売はあるか、と妄想してみるとほぼ可能性はゼロに近いんじゃないかと(;´∀`)
やはりまだエナジードリンク市場とファンの数には実際に乖離がありすぎますし、そのことから考えてもカフェインが主要成分のエナジードリンクの正反対とも捉えられるMONSTER ENERGY UNLEADEDは厳しそうです。カロリーゼロなだけでも突っ込まれますからねw

2015年5月現在ではアメリカでしか発売されていませんし、日本でカフェインレスのモンスターエナジーが発売される可能性はほぼないでしょう。

モンスターエナジーオリジナルとアンリーデッドの比較

では改めてオリジナルとアンリーデッドの比較をしてみたいと思います。アンリーデッド単体で飲むと味はほぼオリジナルと同じだと感じていましたが、実際どうなのでしょうか。

グラスに注いで見るとまず色がまったく違いますね。
MONSTER ENERGY UNLEADED
モンスターエナジーオリジナルがオレンジがかった濃厚な色に対して、アンリーデッドは黄色くライトな印象。カフェインフリーということで色を明るくしたのでしょうか。並べて比較するとまったく違うことがわかります。

味も比較すると僅かに違いました。モンスターエナジーオリジナルは安定した甘さが特徴。一方でアンリーデッドは後味に苦味やオリジナルとは違う香水のような香りが感じられます。

モンスターエナジーのフレーバーそのままにカフェインレスにしているわけではないのが驚きですね。飲み比べないと違いは正直わからなかったと思います。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram