モンスターエナジーカオス50%(日本)

モンスターエナジーカオス
日本版モンスターエナジーカオス50%のレビューです。日本で販売された初期に果汁50%でしたが海外と同様に30%へ変更され、さらにパッケージでサインも海外仕様と同様に変更になった経緯のある、最も古い日本のカオス。現行の果汁30%カオスよりも濃厚な味わいが特徴ですが濃すぎて好き嫌いが分かれるフレーバーでもあります。

濃厚な甘さの完熟みかんをカオス独特の風味で仕上げた

果汁構成はオレンジ以外にも色々なフルーツを少しずつ取り入れていますが、基本的にはオレンジフレーバーで甘味を強烈に強化した味。どことなくカオス独特の薬品感も加わり、ただのオレンジフレーバーではありません。甘味が強く、オレンジの爽やかさというよりも完熟みかんを砂糖漬けしたような濃厚さを感じます。

日本ではモンスターのオリジナルかモンスターカオスの二択しかなかったため、カオスはエナジードリンクらしくないと言われていましたが、最近は色々なフレーバーが出てきたのでカオスの価値観も見直され始めたようですね。しかし50%カオスの濃さ、独特の薬品感はかなり強めで好き嫌いが分かれるフレーバーであることは間違いありません。

目の前がまったく見えません!

モンスターエナジーカオス
グラスに注ぐとき、缶を軽く揺らしながら入れると全体的に沈殿物がサラサラと出てきます。
この濁りは果たして果汁由来のものなのか、それともモンスターエナジーの神のモヤなのか・・・。たぶん果汁でしょう。

モンスターエナジーカオス
太陽にかざしたところでこのモヤが晴れることはありませんでした。
『いつになったらこの混沌(カオス)とした世界から抜け出せるんだろうか・・・』なんて思って飲む必要はないと思います。甘い濃厚オレンジジュースですから(´∀`*)

モンスターエナジーカオス50%のエナジー成分

カフェイン142mg、Dリボース444mg、高麗人参298mg、アルギニン444mgなどを配合。

果汁50%という高果汁配合の内訳は、りんご、オレンジ、もも、パイナップル、ぶどうとなっているようです。海外の果汁系フレーバーと比較しても王道な構成ですね。他の果汁配合モンスターエナジー一覧は下にあるのでぜひ見てみてくださいね。

モンスターエナジーカオス50%の評価賛否

最初に日本で発売されたモンスターカオスは果汁50%配合。ただ果汁が多いだけではなく、現在の30%カオスと比較すると味と香り、風味全体が濃すぎて主張が強いんですよね。これはドリン君もちょっと濃いなぁと感じていました。毎日飲むのは確実に飽きるレベル。

モンスターエナジーカオス
これが海外の配合果汁低下とともに日本も30%になったとたんとても飲みやすく万人受けするレベルまでシンプルな味わいになりました。興味がある方はモンスターカオス50%と30%の詳細比較レビューを御覧ください。

アメリカで生産され続けたモンスターエナジーカオス50%

ちなみにモンスターカオス50%まではアメリカで生産されていました。ほかのモンスターエナジーオリジナルアブソリュートリーゼロも日本発売当初はアメリカ産だったのはもう知っている人が少なくなってきているでしょうか・・・。

モンスターエナジーカオス
オリジナルとアブゼロは同時に国産に切り替わりましたが、カオス50%は引き続きアメリカ産のまま販売されていました。次第に販売ルートがどんどん少なくなっていき、コンビニで見かけることも少なくなり・・・販売終了かと思ったとき国産のカオス30%がコンビニなどで一気に流通。現在はすべてのモンスターエナジー商品が国産になっています。

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram

モンスターエナジーカオス50%(日本) の評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について