1202
Reviews
エナジードリンクレビュー掲載中
352
Comments
みんなの口コミ&感想掲載中
7000
Collections
世界各国へ行き集めたコレクション

BCAA

投稿日:2022年10月 7日|最終更新日:2022年10月 7日

BCAAは(Branched-chain amino acids)の略で、バリン・ロイシン・イソロイシンで構成される必須アミノ酸。
筋肉のエネルギーとして働くため、ハードに筋トレする人たちには必須の栄養素で、長時間の激しい運動をするスポーツでは定番のアミノ酸です。

日本ではburnなど、エナジードリンクにも微量ではありますがBCAAが配合されているものもあります。

BCAAの効果

  • 運動中の筋肉のエネルギー源
  • エネルギー消費に伴う筋肉の消耗を防せぐ
  • 運動中の持久力向上、疲労回復
  • 体脂肪燃焼促進

エナジードリンクに含まれるBCAAの量は残念ながらごく微量(1,000mg以下)なためあまり効果は期待できません。

BCAAの摂取量のテスト

BCAA摂取の実験があるのでその結果を見てみましょう。

BCAAを8,000mg、4,000mg、2,000mg、1,000mg、500mg、0mgを摂取させ、採血を2時間後まで経時的に行ってBCAAの血中濃度を測定しました。

30分後に血中濃度がピークに達し、徐々に落ちていきます。2,000mg以上摂取したグループは2時間後にも高い血中濃度を維持しましたが、1,000mg以下のグループは1時間後には摂取前と同じ値まで落ち込んだそうです。

結論としてBCAAを摂取するなら最低でも2,000mg以上摂取することが運動などのパフォーマンス工場のためには必要ということがわかりました。

BCAAの摂取タイミング

BCAAの摂取タイミングとしては、筋トレの前・中・後全てがお薦めです。各5,000mgずつ摂取するのが良いでしょう。サプリメントで適切に摂取すると、人によっては体感できるほど効果が期待できます。

BCAAは運動中のエネルギー源になり、運動後の筋修復、疲労回復、さらにエネルギー消費による脂肪燃焼と筋肉量の維持など、スポーツをする上で欠かせない栄養素です。

フィットネス系エナジードリンクに配合されるようになる

bangエナジードリンクがアメリカで人気を高めたことによって、モンスターがREIGN、ロックスターがエクスデュランスシリーズをリニューアルし高カフェイン配合とともにBCAAも配合するなど、フィットネス分野にエナジードリンクが進出しています。

だしエナジードリンクに含まれる程度のごく微量のBCAAではほぼ効果を感じられないためあまり過度な期待は持たないようにしたいですね。

関連記事

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界7,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。