KIIVA EXTRA

投稿日:2022年5月27日|最終更新日:2022年6月 1日

KIIVA EXTRA
2020年にリニューアルされたKIIVA EXTRAです。

いつのまにリニューアル!?過去のプレスリリースを調べてみたら、パッケージに当時の500mlのKIIVAと同じ「STRONG」と書いてあった350mlのKIIVAを「EXTRA」と呼んでいたみたい。これはわかりにくいΣ(´∀`;)

KIIVA共通のトミーリムによるデザインになってようやく商品名「EXTRA」がパッケージについたKIIVA EXTRAのレビューです。2022年現在発売の250ml、350ml、500mlの赤・黒のKIIVAはそれぞれフレーバーが微妙に違うそうですよ。

KIIVA EXTRAの基本情報

メーカーKIIVA
製造国日本
価格198円
アセロラ薬品・ケミカル系
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

KIIVA EXTRAの味

KIIVA EXTRA
口に含むとほんのりと香るケミカル風味に甘酸っぱいアセロラ系の味わいが広がる人工的なケミカルフレーバー。

2022年現在、3サイズのKIIVA(それぞれ少し味が異なる)が発売されていますが、その中だと過去のKIIVAの流れを特に感じられるのがこのKIIVA EXTRAかな。

KIIVA EXTRAは人工的なケミカル系の刺激が強めなので、現行KIIVA3サイズの中では一般的にエナジードリンクらしく最もわかりやすい味です。

これまでのKIIVAらしいケミカル感を楽しみたければ350mlのKIIVA EXTRAがお薦めです。

KIIVA EXTRAの成分

KIIVA EXTRA
カフェイン160mg、アルギニン437mg、ガラナ315mg配合。国内の350mlサイズでは比較的多めのカフェイン量。

KIIVA EXTRAのデザイン

KIIVA EXTRA
KIIVAシリーズ共通のトミーリムによるデザイン。赤・黒・銀の3色で構成されていて、このカラーはトミーリムデザインになった初代500ml KIIVA HYDRATIONと同じ。

KIIVA EXTRA
旧HYDRATIONと今回のEXTRA。同じ赤・黒・銀の組み合わせですがまったく同じ配色ではないみたい。(2022年現在のKIIVA HYDRATIONは赤・黒・白に変更済み)

こちらは新旧のKIIVA EXTRA。「STRONG」としか書いてないですが。
KIIVA EXTRA
まさか旧デザインのKIIVAが「EXTRA」だとは思いませんでした(^_^;)

350ml缶もトミーリムのデザインになって商品名「EXTRA」とわかりやすくはなったものの、今度は似た配色で3サイズ展開に。

赤・黒を基調としたオリジナルラインの各KIIVAは250mlのMAXIMUM、350mlのEXTRA、500mlのHYDRATIONが揃い、中身の色もほぼ同じピンク。
KIIVA EXTRA
見た目は似ていますが味はそれぞれ違いますし、100mlあたりの成分量も違います。

こうなってくるとどれがKIIVAオリジナルなのか、もはやわからなくなりましたねΣ(´∀`;)これまで何度もリニューアルを重ねて味もデザインも変わってきたKIIVAですが、ドリン君は今回のKIIVA EXTRAが一番KIIVAらしい味を維持しているかなぁと思います。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのKIIVA EXTRAの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント