ok energy drink blackberry

投稿日:2020年6月 5日|最終更新日:2020年6月 5日

ok energy drink blackberry
スイスの低価格PBエナジードリンクブランド、okエナジードリンクのブラックベリーフレーバー。

メーカーValora
製造国オーストリア
価格100円

美味しいけどブラックベリーフレーバーとしてはインパクト不足

ベリー系のピンク。他社の多くのブラックベリーフレーバー商品よりも明るくナチュラルな雰囲気ですね。

ok energy drink blackberry
口に含むと優しい甘酸っぱい味で、ブラックベリーをイメージさせる味とはちょっと違うかな・・・。実際の味はアップルやマスカットのあっさりした甘味とストロベリージャムの風味をミックスした、爽やかで甘酸っぱいフレーバーです。

この味はリアルなベリー系フレーバーではなくナチュラルさを出したところベリーの旨味が再現できなかったタイプですが、意外と尖っていないフルーツ系フレーバーなのでフレーバー名を見なければ普通に美味しく飲めます。ブラックベリーフレーバーとしては全然話にならない味だと思いますがΣ(´∀`;)

ok energy drink blackberryのエナジー成分

ok energy drink blackberry
カフェイン80mg、タウリン1000mg、グルクロノラクトン60mg配合。okエナジー定番のエナジーブレンドです。

ok energy drink blackberryのデザイン

艶々した紫が美しいですね。okエナジードリンクにデザインはあってないようなものなので単純にメインカラーの色合いで印象が決まる感じ。今回のブラックベリーの紫は個人的に好きです。
ok energy drink blackberry
これまでおもちゃのような安っぽい色の商品が多かったokシリーズ(ロングセラー商品は相変わらず安っぽい色)ですが、2014年発売のブラックベリーあたりからメインカラーが落ち着いた商品も追加されていきます。

低価格PBエナジードリンクなので凝ったデザインは不要なのかもしれませんが少しプレミアム感も感じられるようになると一気に印象が変わりますよね。

2016年あたりから徐々にそんな商品が増えてokエナジードリンクの印象が変わり始めます。シリーズの変遷を毎年見ていくとこんなデザインもなにもない商品も楽しめるんですよ(*´艸`*)

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram