ok energy drink wildberry

投稿日:2020年6月15日|最終更新日:2020年6月15日

ok energy drink wildberry
2016年発売の数量限定フレーバー、ワイルドベリー。従来のokシリーズとは違う新しい缶デザインを採用した特別感のある一本です。

メーカーValora
製造国オーストリア
価格100円

甘酸っぱくリアルなベリー風味が楽しめる

少しくすんだピンク色、甘酸っぱいベリーフレーバー特有の香りに独特の渋い香りも感じられます。

ok energy drink wildberry
口に含むとベリーの酸味が心地良く、人工的な甘味や過度な酸味に偏っていない意外とリアルなベリーフレーバー。甘酸っぱく比較的ナチュラルな印象のベリー系ジュース風味が楽しめます。

果肉感はないものの甘味と酸味のバランスが自然で美味しいんですよね。濃厚な果汁系ジュースではなく、爽やかで飲みやすいのにベリーの旨味も堪能できる、風味の調整力が高い一本。

パンチのある濃厚な味ではないし、エナジードリンクらしい人工的なベリーフレーバーでもないので、賛否分かれる味だったんじゃないかと推測します。個人的には好きな味でした(*´ェ`*)

ok energy drink wildberryのエナジー成分

ok energy drink wildberry
カフェイン80mg、タウリン1000mg、グルクロノラクトン60mg配合。僅かにエルダーベリーが含まれています。

ok energy drink wildberryのデザイン

ok energy drink wildberry
これまでのokエナジードリンクシリーズとは違い感表面はサラサラした手触りの加工が施され高級感を感じます。ツルツルの缶よりもやっぱりこちらのほうが特別感がありますよね。

そして缶下にはokシリーズでは初のシルエットデザインが。しかしこのシルエットが何なのかは不明。ベリーではなさそう(^_^;)
ok energy drink wildberry
ok wildberry以外にもこのようなデザインの入った商品がこのあと少しずつ発売されるようになりました。明らかに見た目が良くなっていますよね。毎年多くの数量限定商品を発売するokシリーズが、よりデザイン性の高い商品を発売することで新商品発売が毎回楽しみになりそうです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram