ok energy drink light

投稿日:2020年5月23日|最終更新日:2020年5月23日

ok energy drink light
スイスのPBエナジードリンク、okシュガーフリーのlightです。2012年頃まで販売されていた商品で、現在はok zeroへリニューアルしています。

メーカーValora
製造国オーストリア
価格100円

人工甘味料の味が前面に出すぎた酸味のある王道系風味

香りはオーソドックスな王道系ですが甘い香りはせずレッドブル寄りのキレのある香りです。色は明るくキレイ。
ok energy drink light
2010年のものを飲み忘れていたのでけっこう古いですね、手に入れてから8年経ってしまいましたΣ(´∀`;)液漏れはありませんでしたが炭酸が抜けていてグラスの中は静寂を感じます。が、本来は炭酸入りでした(昔炭酸があるok lightを飲みました)。普通は古くなっても炭酸はほとんど抜けませんがたまにあります。缶の内圧が弱っているものがそうですね。

口に含むと甘味がほとんどないスッキリした酸味の王道系フレーバーで、甘味は楽しめないのに人工甘味料の味はしっかりしていて個人的にちょっと飲みにくい味でした。

レッドブル・シュガーフリーのような人工甘味料全開の王道系フレーバーそのものなので、あの味が好きならokエナジードリンクのシュガーフリーも美味しく飲めるはず。

ok energy drink lightのエナジー成分

ok energy drink light
カフェイン80mg、タウリン1000mg、グルクロノラクトン60mg配合。okエナジードリンクブレンドです。レッドブルと同等の内容で低価格、味もさほど変わらないので取扱店でokを選ぶ人も少なくないと思います。

ok energy drink lightのデザイン

okエナジードリンク発売当初のもので、右上に「energy drink light」と記載されています。
ok energy drink light
デザインも何もないのがokエナジードリンクの特徴です。シンプルで低価格、良い商品を提供することに徹しているプライベートブランドなのでデザインについては言うことはありませんよね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram