ok energy drink light

投稿日:2020年5月23日|最終更新日:2021年12月 8日

ok energy drink light
スイスのPBエナジードリンク、okシュガーフリーのlightです。2012年頃まで販売されていた商品で、現在はok zeroへリニューアルしています。

ok energy drink lightの基本情報

メーカーValora
製造国オーストリア
価格100円
王道系
総合評価★★☆☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

人工甘味料の味が前面に出すぎた酸味のある王道系風味

香りはオーソドックスな王道系ですが甘い香りはせずレッドブル寄りのキレのある香りです。色は明るくキレイ。
ok energy drink light
2010年のものを飲み忘れていたのでけっこう古いですね、手に入れてから8年経ってしまいましたΣ(´∀`;)液漏れはありませんでしたが炭酸が抜けていてグラスの中は静寂を感じます。が、本来は炭酸入りでした(昔炭酸があるok lightを飲みました)。普通は古くなっても炭酸はほとんど抜けませんがたまにあります。缶の内圧が弱っているものがそうですね。

口に含むと甘味がほとんどないスッキリした酸味の王道系フレーバーで、甘味は楽しめないのに人工甘味料の味はしっかりしていて個人的にちょっと飲みにくい味でした。

レッドブル・シュガーフリーのような人工甘味料全開の王道系フレーバーそのものなので、あの味が好きならokエナジードリンクのシュガーフリーも美味しく飲めるはず。

ok energy drink lightのエナジー成分

ok energy drink light
カフェイン80mg、タウリン1000mg、グルクロノラクトン60mg配合。okエナジードリンクブレンドです。レッドブルと同等の内容で低価格、味もさほど変わらないので取扱店でokを選ぶ人も少なくないと思います。

ok energy drink lightのデザイン

okエナジードリンク発売当初のもので、右上に「energy drink light」と記載されています。
ok energy drink light
デザインも何もないのがokエナジードリンクの特徴です。シンプルで低価格、良い商品を提供することに徹しているプライベートブランドなのでデザインについては言うことはありませんよね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのok energy drink lightの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント