ok energy drink zero

投稿日:2020年5月24日|最終更新日:2020年5月24日

ok energy drink zero
スイスのPBエナジードリンクokシリーズのシュガーフリー、ok energy drink zeroです。ok lightのリニューアル商品です。

メーカーValora
製造国オーストリア
価格100円
王道系

人工甘味料味の王道系フレーバー

ok energy drink zero
口に含むと人工甘味料の味、酸味が広がり王道系の香りが抜けていく、人工甘味料味全開のシュガーフリーフレーバー。ヨーロッパのシュガーフリーの王道の味ですね。人工甘味料の味を一切隠すつもりがないので、人工甘味料の雑味が苦手な人には飲みきれない味ですね。

レッドブル・シュガーフリーとほぼ同じ味なので、これが好きな人には間違いない王道系ゼロフレーバーでしょう。ドリン君は苦手な味です(^_^;)

ok energy drink zeroのエナジー成分

ok energy drink zero
カフェイン80mg、タウリン1000mg、グルクロノラクトン60mg配合。糖分はゼロですがカロリーがわずかに含まれています。

ok energy drink zeroのデザイン

ok energy drink zero
すでにスイス、ドイツ、オーストリア、ルクセンブルクで販売され認知度も高くなったためか、ただの「zero」としか表記されなくなりました。

ok energy drink zero
zeroの前身となるlightがこちら。元々シンプルなokエナジードリンクシリーズが「zero」表記だけになってさらにシンプルにΣ(´∀`;)

せっかくなのでzeroとlightを飲み比べ。
ok energy drink zero
とは言え飲み比べたところで中身はまったく同じなので違いはなし。やっぱり人工甘味料の味と酸味が好みじゃないなぁと。色・香り・味すべて同じで、フレーバー全体の改善等はなかったようですね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのok energy drink zeroの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram