HELL ENERGY CLASSIC

投稿日:2016年10月 9日|最終更新日:2020年12月15日

HELL CLASSIC
ハンガリーの低価格エナジードリンクブランド、HELLのエナジードリンクオリジナルフレーバー。日本での低価格ブランドのイメージとは違い、圧倒的なブランド力を誇るEUの巨大エナジードリンクブランドのひとつです。

ネーミングセンスとキャララゴのダサさを圧倒的ブランド力でクールなイメージに仕立て上げたハンガリーのエナジードリンクカルチャーを感じてください。

メーカーHELL
製造国ハンガリー
価格120円
王道系

間違いない美味しさの王道フレーバー

HELL CLASSIC
口に含むと定番の王道系フレーバーで、甘味控えめ、酸味は刺さるような強さではなく、香りも心地よく香る程度で誰もが楽しめる安定した美味しさ。味・香りともに何かが飛び抜けて主張することなく安心して飲めます。個人的に癖のない主張しないオーソドックスな王道系は飲み飽きることがないので好きです。

HELL CLASSIC
ケミカル感や漢方系のような雑味がないのも飲みやすさのポイントですね。美味しく飲める王道系フレーバーを目指すとこのHELL CLASSICや28 BLACK CLASSICのような感じになるのだと思います。

HELL CLASSIC
氷で冷やして飲んでも適度な甘味と低刺激な酸味の王道系フレーバーは変わりません。嫌味のないしつこくないフレーバーは健在です。ちなみに常温で飲んでも濃く感じることなく美味しく飲めますよ。

HELLエナジードリンクのエナジー成分

HELL CLASSIC
カフェイン80mg、タウリン1000mg、そのビタミンB群配合の標準的な成分構成。

HELL ENERGY CLASSICのデザイン

赤い悪魔がHELLエナジードリンクのキャラクターです。
HELL CLASSIC
商品名の「HELL」とこのキャラクターだけ見るとダサいですよね。正直わかりやすい厨二感が半端ないです。

でもこのように並べるとしっかりしたエナジードリンクブランドに見えてくるから不思議です。
HELL CLASSIC
HELLシリーズは2006年発売から様々なフレーバーが発売されてきました。デザインやネーミングがダサくても、シリーズが充実することで立派なエナジードリンクブランドが出来上がるんです。

ちなみにHELLエナジードリンクは新商品をただ発売し続けただけではなく、各商品ごとにプロモーションを細かく行い、プロスポーツのスポンサーなどにも積極的に参加するわかりやすいエナジードリンクブランドなんですよね。当然キャンペーンも行っているのでファンもつく。ヨーロッパ以外ではあまり知られていませんが、かなり魅力的なブランドなんですよ。

HELL CLASSIC
HELLエナジードリンクシリーズのキャッチフレーズ。HELLの初期の商品には缶全体に大きなHELLのロゴがないプレーンな状態なので、このようにキャッチフレーズだけがポツンと配置されているだけ。

こちらはHELLのフットボールエディション。
HELL CLASSIC
HELLシリーズは他社とのコラボ商品などがないエナジードリンクブランドですが、フットボールエディションはこれまでに何種類か発売されています。ヨーロッパ数カ国で発売されていて歴史のあるエナジードリンクブランドでここまでコラボ商品がないのはとても珍しいことです。

とは言え、毎年数種類の季節限定フレーバーが発売されているため、常にファンを飽きさせることのないブランドのひとつであることは間違いありません。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのHELL ENERGY CLASSICの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram