burn JUICED ENERGY

burn JUICED ENERGY
バーンのトロピカルフレーバーのリニューアル製品、JUICED ENERGY。
表記違いでTROPICAL ENERGYもあります。今回はハンガリーのバーン。

カラーとデザインが変わっただけでトロピカルとほぼ同じ

今回は缶デザインが果汁配合のイメージを表現したバーントロピカルと同じ製品で、黒地にグリーンの炎のみのデザインとなっています。

burn JUICED ENERGY
開けると桃やリンゴのような甘い香りが強く感じられ、色も若干オレンジが弱くなった印象。成分を見る限りはほぼ同じはずなんですが(^_^;)

味は桃、マンゴーなどのこってり系にグアバやオレンジなども味わえます。
以前のバーントロピカル同様に柑橘系トロピカルフレーバーであることは変わりなく果汁の濁りもしっかりしていて香り味ともにみずみずしく美味しいです(●´ω`●)

burn JUICED ENERGYのエナジー成分

カフェイン80mg、ハンガリーではタウリンの表記が見当たりませんでした。

果汁の構成は、オレンジ18%、アプリコット0.9%、マンゴー0.5%、パッションフルーツ0.5%、グアバ1%、マンゴー0.3%という部分はほぼ変更なし。

当然ですが味にさほどの変更はないように感じられ、トロピカルフルーツの美味しさはキープできていると思います。

デザインは前のほうがイメージが湧きやすかった

新しいデザインになってトロピカルフルーツの果汁イメージがつきにくくなってしまいました。フルーツっぽさがこのグリーンの炎ロゴだけでは伝わりにくいですね。シリーズ通して炎デザインのみで統一していくシンプルデザインに一新されているため、このトロピカルにかぎらず全体的に勿体無いですね(´・ω・`)

burn JUICED ENERGY
炎の色やシンプルなデザインはすごく良いし、この際どちらもクールであることは間違いないのですが果汁の美味しさや香り、みずみずしさを表現しているトロピカルの演出のほうがやっぱりイメージしやすいですね。

burn JUICED ENERGY
どうせならプルタブも緑の炎になったほうが統一感があって良いような気もします。

burn JUICED ENERGYの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について