BURN MANGO

投稿日:2021年1月30日|最終更新日:2021年4月27日

BURN MANGO
コカ・コーラからモンスターエナジー傘下になり、ヨーロッパ各国で発売されているBURNのマンゴーフレーバー。

BURN MANGOの基本情報

メーカーモンスターエナジー
製造国ハンガリー
価格100円
マンゴー
総合評価★★★★★

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界6,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

みずみずしくフルーティーで鮮やかなマンゴーフレーバー

BURN MANGO
口に含んだ瞬間、甘くみずみずしいマンゴー果実からあふれるジューシーな味わい。こんなにフルーティーなマンゴーフレーバーはなかなかありません!

例えるならモンスターエナジーの果汁配合マンゴーロコのような味わいで完成度はトップクラス。果汁配合のようななめらかな舌触り、ゆっくりと持続するマンゴーの果実感・・・。

しかしこれ無果汁なんですよ、こんな旨味のある無果汁マンゴーあります!?無果汁なのにリアルなマンゴーの果実感が楽しめて驚きました。

同じコカ・コーラ出身ブランドのリレントレスのマンゴーも無果汁で異様な果実感が楽しめるので、イギリスに行ったらリレントレス、他のヨーロッパの国々ならこのBURN MANGOをゲットしてみてくださいね。どちらも無果汁マンゴーの傑作ですよ。

BURN MANGOのエナジー成分

BURN MANGO
カフェイン80mg配合。その他エナジー成分は含まれておらず無果汁です。改めて成分一覧を見て無果汁なことに驚きます。

BURN MANGOのデザイン

オレンジの炎に濃厚なオレンジのマグマ、濃厚なマンゴーフレーバーを想像させるデザインです。(贔屓目に言えばね・・・)
BURN MANGO
正直なところ、炎がお洒落じゃなくなってデザインは一流エナジードリンクブランドとは言い難い感じではあります。

コカ・コーラからモンスターエナジーに変わった各ブランド(BURN、MOTHER、RELENTLESS)はデザインリニューアルの改悪被害に遭ったと言っても過言ではないでしょう。もう少し元々のブランドの良さを残してほしかったかなぁ。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのBURN MANGOの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント