burn LEMON ICE

投稿日:2015年1月21日|最終更新日:2019年7月11日

burn LEMON ICE
バーン・レモンアイス。
果汁配合のJUICED系列ではなく無果汁シリーズ。

メーカーコカ・コーラ
原産国スウェーデン

はちみつレモンに近いさっぱり系レモネード

burn LEMON ICE
開栓とともに爽やかなレモネードの香りが漂います。
中身は気づかないほど薄いほんのり黄色がかった透明。

味は酸味がほぼゼロのほどよい甘さのレモネード。
薄いレモンウォーター系ではありません(*´ェ`*)

はちみつとリンゴを混ぜたような甘さとレモンの爽やかさが感じられる、スッキリした味わいがバランス良く美味しいです(●´ω`●)

香りがレモネードらしさを十分に出しているため、これが甘さと相まって後味にさっぱりした風味がしっかりと残ります。
レモネード感を出しつつ、しつこい後味は残さずに香りだけが余韻として残るので何杯でも飲めてしまいそうです。

ロックスターなどの濃厚レモネードも美味しいですが、バーン・レモンアイスのほうが誰でも飲みやすいフレーバーのように感じました。

burn LEMON ICEのエナジー成分

burn LEMON ICE
カフェイン80mg、タウリン1000mg、ガラナなど成分はバーンシリーズと同じ。果汁は入っていません。

今回のバーン・レモンアイスは人工的な味を超えるような美味しさがあって、『この味でカフェイン、タウリン等エナジー成分が摂取できる』というエナジードリンクの醍醐味を感じられる1本になっていると思います。

レモネード系エナジードリンクではトップクラスの出来かも

レモンアイスはレモネード系エナジードリンクの中でも万人受けしそうだなと思うし、エナジードリンクマニアとしても定期的に飲みたいと思えるバランスの良いフレーバーと感じました。

これが250mlというのは本当に勿体無い。
500ml缶くらいが丁度良いかもしれません((o(´∀`)o))

しかしプルタブは残念ながら炎なし。バーンも炎の色でプルタブカラーも変えたらさらに良さそうなんですけどねぇ。
burn LEMON ICE

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram