burn zero

投稿日:2015年1月15日|最終更新日:2021年12月 7日

burn zero
バーンのゼロシュガー・ゼロカロリーのオリジナルフレーバー。

burn zeroの基本情報

メーカーコカ・コーラ
製造国ハンガリー
価格170円
レッドベリー系
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界6,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

酸味の少ないゼロ系ベリーフレーバー

真っ赤に見えますが注いでいると薄く透明感があります。香りもオリジナルと比べるとほんの少し弱いかもしれません。

バーンゼロはオリジナルと比べるとベリーの甘酸っぱい香りとシュガーの飴のような甘い香りが控えめで爽やか。バーンゼロのほうがしつこくなくて印象は良いかもしれないですね。

burn zero
味はやはりゼロ系ベリーフレーバーで薄味。酸味はほぼなく、人工甘味料の薄い甘さと独特の苦味もほんの少し感じます。
ゴクゴクと一気に飲むと後味もよく感じられ、人工甘味料らしい味のあとにベリーの酸味も再現できています。飲み口は『やはりゼロ系ベリーか』という印象が強いものの香り、後味などトータルで見るとベリーの美味しさはかなり再現できていて、よくあるゼロ系の強い酸味は少なくしっかりとベリーになっているところが好感を持てます。

個人的にはゼロ系ベリーフレーバーの中では中の上という感じですね(u_u*)

burn zeroのエナジー成分

burn zero
カフェイン80mg、タウリン1000mg、その他はガラナなどが配合されていて、人工甘味料使用で100mlあたり4kcal以下となってゼロ表記になっているようです。
裏の成分表の炎も青で美しい(*´ェ`*)

バーンらしいカラー

burn zero
ゼロ系なのでやはり色は青白く成分表記の文字も同じカラーに。ブルーリフレッシュとは違う、青白い炎というのがわかりやすくてしかもクールです。
バーンは他のブランドとは違って、デザインを炎ロゴだけに統一する傾向にあるため、炎とその他のカラーでイメージ付けをしているのが派手派手しくなく個人的には好きです。

このシンプルさがあるからこそ、ジュースシリーズの控えめなデザインですらみずみずしさやエナジードリンクっぽさが際立つように感じます(*´ェ`*)

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのburn zeroの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント