V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE

投稿日:2020年4月 4日|最終更新日:2020年4月 4日

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
2018年発売の限定商品TORTURED ORCHARDです。当時は限定商品でしたが2020年にデザインを変更し商品名を変えてリバイバル、定番化しました。恐らくかなり反響があった商品なのでしょう。

以前は数量限定販売だったので時期を逃すと飲めなくなりましたが今は定番化しているので機会があればぜひ手にとってみてください。

メーカーフルコアサントリー
製造国オーストラリア
価格450円

ラズベリーレモネードかどうかはかなり微妙な味

色はVエナジーオリジナルと同じ、王道な色でトーチャードオーチャード独特の色ではありません。缶カラーを見ているともっとピンクグレープフルーツのような色を想像していただけに中身の色はもう少し気を使ってほしいなと。

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
口に含むと甘酸っぱく人工的で濃厚なラズベリーにレモネードというよりレモン果汁を加えたようなフレーバー。ラズベリーレモネードと言われても一瞬ピンとこない味です。飲み口に感じられるラズベリーの甘酸っぱく濃厚な味わいはOKですが、飲んだ後の余韻にレモネードらしい甘味はナシ。

それとフルーティーな味を求めて飲むとちょっと違うかな。味はリアル寄りにせず独特な「ラズベリーレモネード」を作り出しているのでこれを美味いと感じるか、不味くはないけどリピートしたいとは思えない、の微妙な2パターンで分かれそう。

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADEのエナジー成分

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
カフェイン155mg、タウリン1000mg、ガラナ600mg等を配合。果汁は当然入っていません。

Vエナジードリンクシリーズはフルーツ系フレーバーでもレッドブルのように果汁入りの商品はありません。いつか濃厚な果肉の風味が楽しめるフレーバーも出してほしいですね。

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADEのデザイン

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
上がラズベリー、下がレモンで縫合されている斬新なデザイン。缶デザインだけ見るとめちゃくちゃジューシーな雰囲気があるんですけどねぇ。

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
「TORTURED」はオーがレモンのようになっていて、そこにクリップがさり気なく刺さっています。この缶だけだと果実の縫合ミックスっぽく感じますが、実はプロモーション段階でかなり多くの「TORTURED ORCHARD」らしいイメージを作り出していて、こちらが秀逸で広告業界でも話題になりました。

縫合だけでなく切ったり刺したりしているイメージが多いですね。
V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
実際の味は甘いレモネードのイメージよりもこの広告のようにレモンを無理やり結合してラズベリーと一緒に絞られたような味です。

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
https://www.mad-daily.com/torture-never-looked-so-good/

ニュージーランドではフレームが破壊されたり有刺鉄線が巻かれた広告も。こういう「作品」は実際に現地で見てみたいですよね。特にドリン君はVエナジーファンなので余計その場で体感してみたくなります。

V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
Vエナジードリンクは商品や店頭ポップ以外に新商品が発売されるたびにかなり幅広い広告展開をしていて、たまたま街で見かけたりイベントにVエナジーが参加していたり、気がつくと周りにいる、そんな広告が上手い印象が常にあってります。そのためか新商品は必ず早期に売り切れていくんですよね。

2020年には商品名から「TORTURED ORCHARD」がなくなり、シンプルな「RASPBERRY LEMONADE」として再販され定番商品化しました。結合され痛めつけられているフルーツのイメージ画像がなくなったのも「TORTURED ORCHARD」を外したからでしょうか。
V ENERGY TORTURED ORCHARD RASPBERRY LEMONADE
リミテッドエディション発売から約1年半で定番化したことになりますが、過去の例を見てもあまりないことかなと思います。恐らく評判はかなり良かったのだろうと想像します。オーストラリア・ニュージーランドで普通に買えるようになっているので機会があればぜひ手にとってみてください。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram