V ENERGY ZERO

投稿日:2020年12月26日|最終更新日:2021年2月19日

V ENERGY ZERO
オーストラリア、ニュージーランドの最大手エナジードリンクブランド、Vエナジードリンクのゼロシュガー版、Vエナジーゼロ。

Vエナジーシリーズにはゼロと同時にシュガーフリーも平行して販売していました。成分も味もほぼ同じで差別化ができずいつのまにかゼロが終売になっていました。

メーカーフルコア
製造国オーストラリア
価格500円
王道系

Vオリジナル&甘い人工甘味料フレーバー

Vオリジナルの酸味を感じるフルーティーな香り。色もオリジナルそのままです。
V ENERGY ZERO
口に含むとVオリジナルよりも甘味が感じられてびっくり。甘酸っぱいフルーティーな風味はオリジナルそのままですが、甘味がやけに強く、まろやかなVオリジナルフレーバーに仕上がっています。

そして案外人工甘味料の風味を隠せているのが面白い。よく飲んでいたVシュガーフリーは人工甘味料フレーバーだったので、今回のVゼロももっと雑に人工甘味料の不味さが前面に出ているのかと思いました。しかしまったくそんなことはありません。逆に甘味がV独特の酸味を包み込んで柔らかな味わいになっていて、これはこれでファンがいたのではないかと思います。

V ENERGY ZEROのエナジー成分

V ENERGY ZERO
カフェイン155mg、タウリン1000mg、ガラナ300mg、グルクロノラクトン125mg配合。砂糖はゼロですがカロリーはわずかに13kcalあります。表記上ゼロカロリーにはならないのは商品名「ゼロ」としては残念ですね。

V ENERGY ZEROのデザイン

V ENERGY ZERO
黒い缶にシルバーの鉄板がコーティングされたようなザラザラした感触が楽しめる缶表面の加工。

V ENERGY ZERO
この黒とシルバーの段差が凹凸になり手触りを演出しているのかと思っていましたが、実は黒い部分にザラザラ加工がされていて、Vロゴの黒い部分も同様にザラザラ加工が施されています。凝ってますよねぇ。

このVゼロ、2018年くらいまでは店頭にありました2019年の「#VCHATキャンペーン」の際にはVゼロが含まれていなかったため、この時点で完全に生産が終了したと思われます。やはりVシュガーフリーと共存はできなかったみたいですね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのV ENERGY ZEROの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram