V ENERGY WOLVERINE

投稿日:2021年6月23日|最終更新日:2022年7月16日

V ENERGY WOLVERINE
2013年、映画「ウルヴァリン」の公開とともにコラボ商品のV ENERGY WOLVERINEが発売されました。

もともとニュージーランドで発売されていたV ENERGY GRAPHITEがベースになってパッケージデザインがウルヴァリン仕様になりフレーバーも変更が加えられたのがこのV ENERGY WOLVERINEです。

V ENERGY WOLVERINEの基本情報

メーカーフルコア
製造国オーストラリア
価格400円
ざくろビター
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界6,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

ずっしり濃厚でビターなフルーツフレーバー

中身の色はコーラのような茶色、香りもV ENERGY GRAPHITEと同じフルーティーな香りです。
V ENERGY WOLVERINE
口に含むとずっしりと重いビターな味わい。何味かわからない重い苦味があり、続いてフルーツの甘酸っぱい風味が広がります。ほぼ同時期に発売されたグラファイトとは違う味ですね。まったく同じ味でウルヴァリン仕様になったのかと思っていましたが・・・。まさか味が違うとは思いませんでした。

濃厚な高果汁系の苦味が9割、そしてわずかにフルーツの甘酸っぱい風味を残すような割合で全体的にビターフレーバーなのが特徴的。昨年ニュージーランドで発売されたV ENERGY GRAPHITEと飲み比べしてみましょう。

WOLVERINEとGRAPHITEの飲み比べ

左が先に発売されたV ENERGY GRAPHITE、右がV ENERGY WOLVERINEです。色はまったく同じ茶色。これは見分けがつかない。香りも同じフルーティーで、飲み比べで色と香りを比較しても正直違いはわかりません。
V ENERGY WOLVERINE
では飲んでみましょう。

見た目では違いがわかりませんでしたが、飲み比べると明らかに違いがわかりました。V ENERGY WOLVERINEもザクロフレーバーですがみずみずしさが控えめで濃厚なビターテイストが増しています。

V ENERGY GRAPHITEにも苦味はあるものの、V ENERGY WOLVERINEはその倍くらい苦い。フルーティーなザクロ系の味わいをグラファイトから引き継ぎ、苦味を強化したみたい。

フレーバーのベースは同じでも、まさか味に変化があるとは思いませんでした。

V ENERGY WOLVERINEのエナジー成分

V ENERGY WOLVERINE
カフェイン160mg、タウリン2000mg、ガラナ600mg、マカ25mg配合。エナジー成分はグラファイトと同じくマカが加わった特別仕様のVエナジーです。

V ENERGY WOLVERINEのデザイン

ウルヴァリンの映画公開とともに発売された特別仕様のコラボデザイン缶。
V ENERGY WOLVERINE
缶上部に「NEW GRAPHITE」と入っているのは、新発売のグラファイトという意味かと思っていましたが、飲んでみてわかったのは「新しいグラファイトフレーバー」という意味合いも含まれているのかも?ということです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのV ENERGY WOLVERINEの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント