V ENERGY DRINK

投稿日:2019年4月17日|最終更新日:2020年5月26日

V ENERGY DRINK
ニュージーランド発のエナジーブランド、Vエナジードリンクのオリジナル。オーストラリア、ニュージーランドでは最も人気がある国民的エナジードリンクです。街を歩いていてもよく飲んでいる人を見かけます。

メーカーフルコアサントリー
製造国オーストラリア
価格400円

フルーティーな甘酸っぱさと程よいケミカル感が癖になる

グラスに注ぐと王道系の黄色。色は特徴のないよくあるエナジードリンクの色ですよね。
V ENERGY DRINK
人工的な柑橘系フルーツのような香りに加えケミカルなエナジードリンク独特の香りが漂います。

口に含んだ瞬間ほどよいケミカル感と酸味の刺激が広がり、飲んだあとに甘酸っぱいフルーティーな味わいに変化します。

香りと酸味が口に残りまたすぐに飲みたくなる余韻が特徴的。この感覚はレッドブルにも似ていてキレのある酸味はレッドブルよりもフルーティーで僅かに感じる薬品風味が癖になります。

真夏のオーストラリアで飲むと最高です。カラカラに乾いた喉を一気に潤し乾きを癒しつつ強めの酸味がリフレッシュさせてくれる、こんなにオーストラリアの夏に合うエナジードリンクはないでしょう。毎年夏のオーストラリアでVを楽しんでいます(●´ω`●)

V ENERGY ORIGINALのエナジー成分

V ENERGY DRINK
カフェイン155mg、タウリン1000mg、ガラナ600mg、グルクロノラクトン125mg配合。生薬系などは入っていないシンプルな構成です。

V ENERGYのデザインとブランド力

限定販売のフレーバーはデザイン性が非常に高いですが、オリジナルラインの商品はすべてVロゴが入っているだけ。正直デザイン性は高くありません。
V ENERGY DRINK
そもそも商品名が「V」1文字なのもシンプル過ぎて意味不明なのですが、これで20年以上続いているんだから興味が沸きませんか?世界の大手エナジードリンクブランドよりも早く誕生していたんですよね。しかも地元オセアニアでトップクラスの人気を誇るブランドとして確立されているわけで、今ではドリン君が世界で最も好きなブランドになってしまいました。

ちなみにシンプルなVロゴのみのデザインですが、これを逆手に取ってキャンペーンデザイン缶がよく発売されています。

例えばVエナジードリンク21周年記念の際は、キャンペーン参加者にキャッシュバックするイベント(ニュージーランド限定)があり、「V」ロゴが「$」ロゴに変わりました。
V ENERGY DRINK
3フレーバー、500ml、250ml、グラスボトルの3種類で発売。ニュージーランドに行く機会がなかなか作れませんが、応援してくれる方がいつも帰国の際にプレゼントしてくださってクールな21周年記念缶を確保できました。Vエナジーファンはオーストラリアとニュージーランドどちらにも行かなければいけませんw

V ENERGY DRINK
アルファベットのA~Zの缶やボトルを発売し並べて文字を作ってSNS投稿する「V CHAT」キャンペーンが行われたり、このようなファンを楽しませるキャンペーンを毎年何度も行っています。その際にシンプルな缶デザインに少し変化をつけて楽しませてくれるんですね。

V ENERGY DRINK
Vエナジードリンクはファン参加型&ファン還元型のキャンペーンが多く、いつも楽しいことをやっている印象しかありません。たくさん買わせて応募させるようなキャンペーンよりも1本でもVエナジードリンクを買うこと自体が楽しくなるイベントが多いです。このやり方は長期的に見て本当に上手いなと感心しますしこんなエナジードリンクブランドは世界を見てもなかなかありません。

ちなみにサイズ展開も世界トップクラス。Vオリジナルだけで710ml、500ml、335ml、275ml、250ml、200ml、グラスボトル、ペットボトルの8種類(2019年現在)が「1ヶ国」で「常時販売」されています。
V ENERGY DRINK
恐らく常時販売しているサイズの種類で言えばVエナジードリンクは世界で最もサイズを選べるエナジードリンクブランドで、過去に販売してたとかそういうのを除くとVよりも店頭でサイズを選べるエナジードリンクブランドは思いつきません。

オセアニアの国民的エナジードリンク

V ENERGY DRINK
オセアニアでは尋常ではない人気を獲得。コンビニやスーパーの売り場面積はVがトップです。次いでレッドブルかな。小売店ではVエナジードリンクの冷蔵庫が置いてあることがほとんどで、グリーンのステッカーも店内至るところに貼ってありグリーンのストローを入れる特製V缶も個人商店などではよく見かけます。

V ENERGY DRINK
飲食店でもVエナジードリンクが置いてあるところをよく見かけますし、街でもVを飲みながら歩く人がかなり多く国民的エナジードリンクであることは間違いないでしょう。

ちなみにVエナジードリンクの製造会社は紆余曲折あり現在サントリー傘下となりフルコア・サントリーとなっているため、日本でもサントリーからV発売の可能性はゼロではないと思います。しかしV独自の濃厚なプロモーションあってこそだと思っているので中途半端に「上陸!!!!」はやめてほしいですね。こんな薄い感じだとファンとしてはとても傷つきます(^_^;)

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram