bang PEACH MANGO

投稿日:2020年3月19日|最終更新日:2020年7月21日

bang PEACH MANGO
2017年に発売されたbangのピーチマンゴー。ひたすら新フレーバーを追加していく怒涛のリリースラッシュがここから始まりました。

カロリーゼロ・シュガーゼロのゼロゼロで旨味を楽しめるフレーバーをいくつも出してくるbangには驚きです。

メーカーVPX
製造国アメリカ
価格200円

まろやかな甘味と香り持続する秀逸なピーチフレーバー

開栓した瞬間に吹き出す甘いピーチの香り!こんなに香りが強いとは思いませんでした。これは期待できそうですね。

bang PEACH MANGO
中身は完全に無色透明。最近のbangは完全な透明色が少なくなってきたように感じていたのでこれは逆に新鮮です。

飲む前からピーチの甘い香りが感じられるので期待高めで飲んでみると・・・。

香り負けしない甘いピーチフレーバーが口に広がり、香りが鼻を抜け、余韻を残しながら徐々にと消えていきます。ピーチマンゴーフレーバーとのことですが実際はピーチ単体フレーバーです。甘味も香りもしっかりしているのに口に残留物等は残りません。

bang PEACH MANGO
キンキンに冷やして飲むと染み込む感じが凄い凄い!これは舌に残る甘味と香りの消え方が絶妙だからかなと。bangシリーズの中でもトップクラスの出来です。

運動中にも飲みやすいフレーバーで、473mlでもすぐ飲みきってしまうでしょう。カフェインが300mgも入っているので何本もがぶ飲みできないのが残念。

bang PEACH MANGOのエナジー成分

bang PEACH MANGO
カフェイン300mg、クレアチン、BCAA、CoQ10配合。筋トレ前に飲むと良いとされる成分構成です。配合量に関してはbangシリーズ共通で不明なので微妙ではありますが・・・。

bang PEACH MANGOのデザイン

赤と緑でピーチマンゴー!?トマトフレーバーにも見えてしまい・・・。ピーチのイメージが全然沸いてきませんね(^_^;)
bang PEACH MANGO
bangシリーズは黒のベースカラーとロゴマークのカラーだけでリリースするので、これでは美味しそうなフレーバーをデザインすることはもう無理でしょう。缶下の小さな「PEACH MANGO」の文字を見るまで味が何かわからないのはかなり致命的。

日本のピーチだとピンク系、欧米だとオレンジに近い色かな。缶には果実のイラストなども一切描かれないのでちょっと勿体ないですね。これだけ味が良いのに。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram