bang PURPLE HAZE

投稿日:2019年4月25日|最終更新日:2019年7月21日

bang PURPLE HAZE
カロリーゼロ、シュガーゼロのbangからグレープフレーバーのPURPLE HAZEのレビュー。ゼロゼロ系で美味しいグレープフレーバーの実現は意外と難しく、あのモンスターエナジーのウルトラバイオレットですらウルトラ独特の風味を添加し裏技的に完成度を高めたほど(驚きの美味しさです)なんですね。

シリーズ通してゼロゼロのbangがどんなフレーバーに仕上げてくるのか、レビューをどうぞ。

メーカーVPX
製造国アメリカ
価格200円

甘さ控えめあっさりしたグレープフレーバー

bang PURPLE HAZE
グラスに注ぐと濃厚なグレープの香りが広がります。中身はもちろんbangシリーズ共通の無色透明。この無色の中身からは想像できないほど香りが強くて驚きです。

期待して飲んでみると、香りの強さほどグレープの味はインパクトがなく、香料を強くすることでグレープフレーバーのイメージを高めている感じですね。甘味は人工甘味料でしっかりついているので物足りなさはないですがグレープの酸味や渋味などはないのでリアル果実系の味わいを期待すると違うかなと思います。

後味と抜けていく香りに何となくケミカル感が感じられて普通の炭酸グレープジュースとはまた違った印象。飲み進めるうちにケミカル感のほうが気になってしまいます。

全体的に人工甘味料のチープさは感じられないし、香りが強いだけに普通に飲めるレベルのグレープになってはいますが、あえてPURPLE HAZEを選択するかと言われたら微妙かもしれません(^_^;)

bang PURPLE HAZEのエナジー成分

bang PURPLE HAZE
カフェイン300mgと高配合。クレアチン、BCAA、CoQ10なども配合。主にカフェインが主成分みたいなものですね。

bangを飲むときはやっぱりちょっと身構えてしまうというかw
このカフェイン量はやっぱり驚異です。ほかのコーヒーやカフェイン配合のサプリを避けたくなりますね。

bang PURPLE HAZEのエナジー成分

bang PURPLE HAZE
bangのロゴマークが濃厚グレープをイメージさせるような色なので、実際飲むと飲む前のイメージとのギャップを感じてしまうかも。これはゼロゼロ系の宿命かもしれないですね。ゼロで絶対期待しちゃいけないフレーバーのひとつがグレープなので。

それでもグレープは炭酸飲料の定番フレーバーなのでbangもしっかり挑戦しています。味のレビューでも書きましたがケミカル感を少し添加して、砂糖たっぷりグレープとの旨味の差を埋めようとしたのかもしれません。

bang PURPLE HAZE
ブラックトップにオレンジリングタブのbang伝統の組み合わせ。新たにシルバートップが徐々に導入されていますが、bangと言えばやっぱりこの組み合わせでしょう!

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram