bang CITRUS TWIST

投稿日:2019年4月23日|最終更新日:2019年8月 1日

bang CITRUS TWIST
bangエナジードリンク2017年新作のCITRUS TWISTです。

bangは急速にフレーバー数を拡大しており、その数合わせのうちのひとつでしょ、と軽く考えていましたが、個人的にbang史上最も飲みやすく美味しいフレーバーだったので驚きました(*´ェ`*)

メーカーVPX
製造国アメリカ
価格200円

bang史上最高の美味さ!?ライムエード系フレーバー

bang CITRUS TWIST
無色透明、心地よいライムの香りがとても爽やかです。よくあるライム系シトラスフレーバーの香りなので期待感はこの時点でそんなに高くありませんでした。とりあえず飲んでみましょう・・・。

口に含んだ瞬間広がる爽やかなライムの香りに柔らかくスッキリとしたレモネード&ライムエードのような甘味。濃厚ではなく自然な甘みと香りのバランスが万人受けしそうです。

後味はほとんど残らず、飲んだ後は爽やかなライムの香りが心地よく残ります。普通といえば普通ですが、ゼロゼロ系特有の人工甘味料らしさはゼロ、余計な酸味や口に残る甘味もないので自然に、違和感なく飲めてしまうんですよねぇ。飲んでいて「ん?」と引っかかる部分が皆無でした。

香り、味、トータルでバランスが良く美味しいので飲むペースが自然と早くなってしまい、気づくと473mlを飲み干す寸前に・・・。今までのbangシリーズでレビューを書く前から飲み干すフレーバーに出会ったことがないので今急いでレビューを書いているところですΣ(´∀`;)

同じようなライム系だとAMPオリジナルROCKSTAR LIME FREEZEなどが有名ですが、bang CITRUS TWISTは比較にならないほど飲みやすく、余計な主張をしないのにしっかりしたライムの風味と甘味が楽しめるんです。ゆっくり味わったりガブ飲みよりも、何か作業をしながら口にするときに自然に楽しめる味わいになっていると思います。

bang CITRUS TWISTのエナジー成分

bang CITRUS TWIST
ここまで違和感なく自然に飲めてしまう味わいでカフェイン300mg配合。そのほかに定番のクレアチン、CoQ10を配合するbangのエナジーブレンドは変わりません。

高カフェイン飲料だから飲むというよりもbang CITRUS TWISTだから飲みたいと思える傑作です。ここまで美味しいと成分はどうでもよくなりますね(*´艸`*)

bang CITRUS TWISTのデザイン

bangシリーズ共通の黒ベースの缶に赤の組み合わせ。シトラスの味わいとはちょっとイメージが違う色なんですよね。

bang CITRUS TWISTのあとに黒ベースではないbang PINA COLADAが発売されたので、やはり黒ベースの缶の表現の限界が来ていたのかなとも感じます。ロゴカラーはグリーン&イエローくらいが良かったかな~。なぜ赤にしてしまったのかは謎です。

bang CITRUS TWIST
しかしbangシリーズ共通のゼロ表記はやっぱりクールですね~(*´ェ`*)成分や注意書き、国旗までエナジードリンクらしいデザインにすべてが収まっていると思います。

bang CITRUS TWIST
ブラックトップにオレンジタブはbang伝統の組み合わせ。今後フレーバーがさらに充実していくとこの組み合わせも変化していくのでしょうか。

毎日色々な国の色々なエナジードリンクを飲んでいる立場からすると、濃厚な香りと味わいで飲みごたえのあるフレーバーよりもbang CITRUS TWISTのように自然に飲み進めてしまうフレーバーに魅力を感じてしまうんですよね。今回は改めて飲みやすさの美味しさを実感しました。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram