bang COTTON CANDY

投稿日:2019年4月13日|最終更新日:2019年6月13日

bang COTTON CANDY
bangの激甘フレーバー、コットンキャンディーのレビューです。コットンキャンディーにはカフェインフリー版も発売されているのでこちらの飲み比べもしてみました。

これぞコットンキャンディー!という甘さが持続

bang COTTON CANDY
開けた瞬間コットンキャンディーフレーバーを一瞬で思い出させる濃厚で独特の甘い香り。普段日本人が香ることのない甘い香りだと思います(●´ω`●)

味自体は無難な甘味でやや人工甘味料の味わいを感じる程度ですが、飲んだあとに鼻をふわっと抜けていく甘い香りが特徴的なコットンキャンディーのフレーバーを再現しています。

日本の綿飴から味を想像するのは難しいと思うので、体に良くないだろうなと思いつつ食べてしまうアメリカの甘いお菓子などをイメージするとわかりやすいかもしれません。とにかく甘い香りが強いです(*´艸`*)

bang COTTON CANDYのエナジー成分

bang COTTON CANDY
カフェイン300mg、クレアチン、BCAA、CoQ10を配合。一般的なエナジードリンクの倍のカフェインが入っているので飲み過ぎ注意です。カフェイン以外の成分がどれだけ入っているか不明ですがトレーニング前に飲むプレワークアウトドリンクとして使いたくなりますね。

ジムなど公共の場で飲むとコットンキャンディーの甘い香りが充満するのでこちらも注意したほうが良いかもしれません(^_^;)

bang COTTON CANDYのデザイン

bang COTTON CANDY
タブはbang共通のオレンジリングタブ。缶カラーに合うカラータブにしてもいいんじゃないかと思いますが共通してこれなんですよね。

bang COTTON CANDY
コットンキャンディーのピンクとパワーパンチのピンク。こうして並べると違いがわかりますが店頭で10種類以上のbangの中で見ると一瞬違いがわからなくなります。コットンキャンディーのピンクは何となく雰囲気的にわかるのでパワーパンチは赤にしてくれたら良かったのになあとも思いますね。

bang COTTON CANDYとカフェインフリーの比較

コットンキャンディーには今回レビューしたカフェイン300mg配合の通常商品と、新しく追加されたカフェインフリー商品のふたつが発売されています。カフェインの有無だけで味に違いはないだろう・・・と思っていたら味が全然違ったのでこちらで飲み比べをご紹介しますね(u_u*)

bang COTTON CANDY
色は基本的にbangはどれも無色なので同じですね。光の加減などでやや黄ばんで見えますが実物の色はほぼ同じです。

まず香りですが、圧倒的に通常商品のほうが甘く強いです。一方カフェインフリーのほうは甘いコットンキャンディーの香りはせず、何だこれ?というくらい微妙な香り。香りが弱いとかではなく別物の香り。

味もカフェインフリーは苦味すら感じるレベルでまったく違いました。正直不味いですねΣ(´∀`;)

中途半端に甘い香りに嫌な苦味がしてまさか腐ってるんじゃないかと思うほど。飲み比べる必要もないくらい味は違います。個人的にはカフェインフリーのコットンキャンディーをリピートすることはないでしょう。

bang COTTON CANDY
裏面は通常版とカフェインフリー版に違いがないのが面白いですね。カフェインが入っていないので全年齢対象でも良い気がしますけど・・・。

今回比較したコットンキャンディーはまた別でレビューをしているのでぜひこちらもご覧ください。

bang COTTON CANDYの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram