bang CANDY APPLE CRISP

投稿日:2021年7月24日|最終更新日:2021年8月 7日

bang CANDY APPLE CRISP
2019年12月発売、EAAを配合する新しい成分構成、そしてデザインもよりカラフルになった新しいbangシリーズの新フレーバー、bang CANDY APPLE CRISPです。この色の組み合わせ、個人的に大好きです((o(´∀`)o))

メーカーVPX
製造国アメリカ
価格200円
アップル

ゼロゼロのアップルフレーバーとしては傑作

開栓するとグリーンアップル系の爽やかで甘い香り、これは期待感高まる感じ。濃厚なアップルの香りはゼロゼロとは思えないほど。中身の色も少し黄色がかったような感じですね。
bang CANDY APPLE CRISP
口に含むと甘いアップルジュースそのものでびっくり。りんご果実を食べたときのようなみずみずしい甘味と香り、後味に残るなんとも言えない果実感を再現した風味、これ砂糖ゼロですからねΣ(´∀`;)砂糖を加えたり香料の調整をしたらすごいことになりそう。アップルフレーバーの完成度はかなり高いです。

今回はCANDY APPLE CRISPということでもっと人工的な甘味が強くなるのかなと思ったら意外と果実感を再現しようとした努力を顕著に感じることができたフレーバーで驚きです。個人的に酸っぱいサワーアップルよりもこのようなアップル独特の甘味が楽しめるフレーバーのほうが好きです。

bang CANDY APPLE CRISP
香りがすべてを左右すると言っても過言ではないと思うのですが、CANDY APPLE CRISPは香りの魔力に頼りすぎず味のバランスがちょうど良いんです。ゼロゼロの中に甘いアップルフレーバーのリアルさも楽しめる風味に仕上げたところに、1000種類以上のエナジードリンクを飲んできた今だからこそ感動してしまいました。

bang CANDY APPLE CRISPのエナジー成分

bang CANDY APPLE CRISP
カフェイン300mg、EAA、クレアチン、そして新たに加わったNITRO JACKという成分名。これはルッコラの抽出物にbangが名前をつけたみたい。ルッコラが少量入っているから何か変わるかというと正直そんなに体感も何もないと思いますが成分面でも色々工夫を続けているようです。このあと発売されるbangシリーズにNITRO JACKが含まれるものも増えていきます。

bang CANDY APPLE CRISPのデザイン

bang CANDY APPLE CRISP
アップルフレーバーを彷彿とさせる鮮やかな赤と黄緑、そして白いbangロゴがとても爽やかです。このカラーで何となく味も想像できますが、飲んで絶妙なアップルフレーバーを味わった後だとこのカラーを見るだけで店頭でまた手に取りたくなってしまうんですよね。缶の印象そのままの美味しいアップルフレーバーが出てくるので期待して買って大丈夫です。

bang CANDY APPLE CRISP
裏面もしっかりアップル仕様のカラーでまとまっていてロゴ含めキレイでポップな印象。危険な高カフェイン配合エナジードリンクの雰囲気は皆無です。bangシリーズは既に高カフェイン配合のフィットネスジャンルを飛び越えてしまったので今後もCANDY APPLE CRISPのようなカラフルな商品がたくさん出てくるはずです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのbang CANDY APPLE CRISPの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram