bang PURPLE GUAVA PEAR

投稿日:2020年3月26日|最終更新日:2020年3月26日

bang PURPLE GUAVA PEAR
2017年に発売されたbangのパープルグアバピア。この缶デザインからは想像できないフレーバーで、個人的にかなり好きです。

メーカーVPX
製造国アメリカ
価格200円

梨の爽やかな甘味が絶品

bang PURPLE GUAVA PEAR
無色透明。香りは強くなく飲むまでフレーバーが何かわからないくらい控えめです。

どんなフレーバーに仕上がっているのか、早速飲んでみましょう。

程よい酸味に梨の爽やかでジューシーな甘味が口に広がります。パープルグアバが商品名に入っていますがグアバ感はほぼ感じられず、メインは梨、洋梨の甘い味わい。しかもよく出来ていて梨の特徴的な甘味がしっかり再現できています。

bang PURPLE GUAVA PEAR
シュガーゼロですから梨フレーバーは当然人工甘味料と香料で調整しているわけですが、人工甘味料の独特な風味が不思議なくらい感じらず、またみずみずしい旨味が自然でゼロゼロであることを忘れてしまいます。

完全な梨フレーバーに振り切らなかったのは、梨にはない酸味を加えて人工甘味料の不味さを緩和したかったのが理由かなと。

個人的には少しくらい砂糖を入れてもいいから100%梨だけのフレーバーを作ってみてほしいですね。それくらいこの梨フレーバーは完成度が高いです。

bang PURPLE GUAVA PEARのエナジー成分

bang PURPLE GUAVA PEAR
カフェイン300mg、BCAA、クレアチン、CoQ10配合。高カフェイン配合なのでトレーニング前に飲むとパフォーマンス向上が期待できて良さそうです。クレアチンやBCAAなどについては配合量が未記載で効果はほぼ期待できないでしょう。

bang PURPLE GUAVA PEARのデザイン

bang PURPLE GUAVA PEAR
パープルグアバピアというフレーバー名が微妙。ほぼ洋梨風味ですから。味は洋梨ですが缶カラーがマッチしないので違和感ありすぎます。

そう言えばbangがPURPLE GUAVA PEARの宣伝動画を作っていました。映像作品としての質は高くありませんがフィットネス系の女の子をとにかく多用するbangらしさが出ていて良いです。

bangのプロモーションは今アメリカのエナジードリンクブランドの中でもぶっちぎりで核心を突いているのでエナジードリンクだけでなくアメリカの今を見ながら眺めると本当に面白いですよ。

bang PURPLE GUAVA PEAR
裏面はbangのゼロ表記。アメリカ国旗が美しく、クラシックな雰囲気が好き。

しかし2019年からは国旗がなくなってしまったんですよね・・・。ちょっと残念。
bang PURPLE GUAVA PEAR
とは言えスターカラーが缶カラーに合わせてカラフルになっているので、缶全体の統一感は裏面でも楽しめるようになりました。

あまり知られていませんがbangはフレーバー数を維持しながら小刻みにリニューアルを続けつつ、さらに新作をコンスタントに発売しています。いつ既存商品が消えてしまうのか気になりますが、PURPLE GUAVA PEARはなくならないでほしいです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram