bang POWER PUNCH

投稿日:2019年4月 8日|最終更新日:2021年12月 8日

bang POWER PUNCH
bangの初期高カフェイン3種類のうちのひとつ、パワーパンチのリニューアル版。パッケージ変更だけでなくカフェイン量が375mgから300mgへ変更になっています。

bang POWER PUNCHの基本情報

メーカーVPX
製造国アメリカ
価格200円
パンチ系
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

柔らかく優しい甘さのパンチ系フレーバー

bang POWER PUNCH
無色透明。濃厚な甘いパンチの香りからは想像できないこの色のギャップ(*´艸`*)

味は少し特徴的でパンチ系の甘味を前面に押し出し、パンチの酸味の刺激はほぼなし。この香りがないとコットンキャンディー系の甘い味わいにも近く、一瞬パンチ系の味に感じませんが、飲んだあとにふわっと香るパンチの香りが特徴です。逆にこの香りがなければパンチフレーバーには感じにくいかもしれません。

後味には甘酸っぱい濃厚なフルーツパンチの残留物や香りはなく、終始甘味が続く感じ。おそらく酸味を出しすぎると人工甘味料の不味さが際立ってしまうのかもしれません。このままの味で全くと言って良いほど人工甘味料の嫌な味はせずスッキリ飲めるコットンキャンディー系パンチフレーバーなので相変わらず上手く作っているなという印象。

パワーパンチという商品名とは違い終始柔らかくトゲのない甘さのギャップが良いと思います(●´ω`●)

bang POWER PUNCHのエナジー成分

bang POWER PUNCH
カフェイン300mg、クレアチン、BCAA、CoQ10を配合。カロリーゼロ・シュガーゼロです。一般的なエナジードリンクの倍のカフェイン量になるので飲む際は気をつけてください。

bang POWER PUNCHのデザイン変遷

bang POWER PUNCH
タブは新旧変わらずブラックトップにオレンジリングタブ。ここは安定していますね。

デザインは今回レビューで撮影したものが大きく変わった3作目になります。この写真左のピンクの上部ラベルがついているものが3作目。
bang POWER PUNCH
右の2作目と並べると微妙にピンクの色合いが違います。これはbangのプロモーション映像や写真がよりポップで明るい印象になっていったことも関係しているのではないかと感じます。

パワーパンチを含め、大量に発売される新商品はどれも明るい印象で昔の弾丸デザインからはかけ離れていっています。怪しいエナジードリンクからアクティブな若者向けに完全にシフトした結果、このデザインやカラーへ徐々に変わってきていることを感じられて面白いですね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのbang POWER PUNCHの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント