bang PINA COLADA

投稿日:2019年4月24日|最終更新日:2019年7月31日

bang PINA COLADA
2017年bang新作、ピニャコラーダです。ゼロゼロでこの甘さは異常・・・。

デザインがこれまでの黒ベースの缶カラーではないピニャコラーダをイメージさせる色になっていて、今後のbang新デザインと新しい展開を感じさせる転機となった一本です。

メーカーVPX
製造国アメリカ
価格200円

ココナッツの香りが強い濃厚な甘味が楽しめるピニャコラーダ

bang PINA COLADA
bangは無色透明。缶パッケージカラーがピニャコラーダそのものの色なのでもしかして中身に色がついてたら・・・と思いましたが今回もやっぱり無着色でしたね(^_^;)グラスに出さず缶のまま飲むほうがピニャコラーダっぽい雰囲気を楽しめそう。

ちなみに香りがかなり強めで、ココナッツの香りが強すぎて苦手な人は飲めないかもしれませんΣ(´∀`;)

一口目はココナッツの強い香りによってピニャコラーダ独特のパイナップルの味わいがほとんど感じられません。

が、何故か次第にこの濃厚な香りに慣れてくるんですよねぇ・・・。過去にも飲むにつれて違和感がなくなるフレーバーがあったのですが、今回もこんな感じです。慣れって怖いなと思える1本。

ココナッツの香りに慣れてくるとパイナップルの甘味がよく感じられるようになり、まさにピニャコラーダです。香りを強く感じていたときはわかりませんでしたが、パイナップルの味わいが際立ってくると飲むたびにフルーティーな美味しさを感じられ、ココナッツの風味もちょうど良くなって本来の美味しさを楽しめます。

酸味がわずかにあり、bangにしては若干人工甘味料の味わいが感じられますが、キンキンに冷やすと気になりません。香りの強さもあるので冷やしてゴクゴク飲むのがオススメです。

bang PINA COLADAのエナジー成分

カフェイン300mg、クレアチン、BCAA、CoQ10などを配合。
bang PINA COLADA
これだけ甘いのにゼロカロリー・ゼロシュガーのゼロゼロを実現。香料が凄まじいことになっていると理解はできても、これはちょっと信じられないフレーバーです(^_^;)

bang PINA COLADAのデザイン

これまでbangシリーズで統一されていた黒い缶カラーから、中身とフレーバーをイメージしやすい缶カラーになった最初の1本がbang PINA COLADAです。

bang PINA COLADA
ゴールドトップにゴールドタブという、これまでのbangシリーズとはまったく違う組み合わせ。2019年から全フレーバーでシルバートップ化が進んでいますが、ピニャコラーダらしさは断然ゴールドトップだと思います。

bang PINA COLADA
裏面もこれまでにない黒いゼロ表記でクール(*´ェ`*)

bang PINA COLADAを皮切りに、新しいカラフルなbangが一気に発売。ティー系やコーヒー系まで発売され、1~2年でアメリカのメジャーブランドとほぼ同じ商品数を揃えてしまうのですからbangの勢いが驚異と感じるのも無理はないですね。実際にアメリカのエナジードリンクシェアをどんどん奪い取っているため、まだまだbangの勢いは止まらないでしょう。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram