bang ROOT BEER BLAZE

投稿日:2020年3月18日|最終更新日:2020年3月19日

bang ROOT BEER BLAZE
2017年、勢いが加速し始めたbangエナジードリンクからルートビアフレーバーが登場。湿布フレーバー、サロンパスフレーバーとして知られるルートビアをbangが作ったらどうなるか、飲んでみましょう。

メーカーVPX
原産国アメリカ
価格200円

後味スッキリ湿布フレーバー

bang ROOT BEER BLAZE
グラスに注ぐとbang独特の透明色ではありますがやや黄色がかっています。着色料は使っていないので何か成分の色なのでしょうか。

香りはルートビア独特の湿布の香りが広がります。ケミカル風味よりもひどい湿布の香り。

この香りはあまり得意ではないのですが・・・早速飲んでみましょう。

飲み口から喉を通るまで終始強烈な湿布の香りに包み込まれる・・・。味自体は爽やかな甘味で香りを邪魔しないのが良いですね。味が濃すぎると香りとぶつかってゴチャゴチャしたフレーバーになってしまうでしょう。キンキンに冷やして飲むと湿布の香りを心地よく演出する控えめな甘味だと思います。

bang ROOT BEER BLAZE
口に残る残留物はなくまた人工甘味料の風味もほぼゼロ。終始湿布の香りが残り存在感は抜群です。ルートビア系の湿布フレーバーが好きな方は夏の一本として、またトレーニング後の急速な水分補給などにもアリです。

とは言え湿布の香り、サロンパスフレーバーが前面に出過ぎていて、レビューする程度なら良いけどあえてルートビアブリーズを飲もうとは思えませんでした(^_^;)

bang ROOT BEER BLAZEのエナジー成分

bang ROOT BEER BLAZE
カフェイン300mg、クレアチン、BCAA、CoQ10配合。特別なハーブ系の成分は入っていないようですね。

bang ROOT BEER BLAZEのデザイン

bang ROOT BEER BLAZE
ルートビアをイメージしたのか赤黒いカラーでまとめています。が、中身の色は透明色。缶の色と中身の色は合わせても良いと思うんですけどね~。透明だと逆に超人工物を飲んでいる感覚になります。特にルートビアってもっと濃い色のイメージがあるから余計。

bang ROOT BEER BLAZE
bangならではのゼロロゴ。これと18歳表記、アメリカ国旗が並ぶとbangという感じがします。

ひとつのブランドで複数のフレーバーを出すのがエナジードリンクの特徴でもありますが、ルートビアはあまり見かけませんでした。カナダのビーバーバズもルートビアフレーバーを出していましたが、「ルートビア」自体はメジャーでも、エナジードリンクのフレーバーとしては採用されることがほとんどない味。

bangは急速にフレーバー数を増やしてシェア拡大に成功しているため、今後も今までエナジードリンクにはなかったフレーバーを採用してくるかもしれませんね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram