bang SOUR HEADS

投稿日:2019年4月14日|最終更新日:2019年4月17日

bang SOUR HEADS
bangエナジードリンクのサワーヘッズのレビューです。サワーヘッズにはカフェインフリーもあるので同時に飲み比べもしてみました。

香りは弱いのに芳香剤の味わいがキツイ

bang SOUR HEADS
香りは弱く、正直何の香りかわかりません。bangのようなシュガーゼロ・カロリーゼロのような商品は香りでがかなり重要だと思うので意外でした。色々なエナジードリンクを飲んできましたが、たまにこんな感じの商品もあるんですよね。

さっそく飲んでみるとサワーヘッズという商品名通り、酸っぱいグミを食べたときのような強い酸味が広がります。ゼロゼロ系でこの酸味、攻めてる気がしますね~。適当に甘いほうが誤魔化せたりすることが多いと思いますが、けっこうキツめの酸味となっています。

そしてただ酸っぱいだけではなく、なぜかトイレの芳香剤やルームフレグランス系のように感じる香りと異様な苦味がするんです(ヽ´ω`)

通常、香りとして芳香剤の匂いがするエナジードリンクはよくありますが、bangサワーヘッズは香りではなく味とともにふわっと感じられるので厄介ですね。体が拒絶反応を起こしているのがわかりました。

キンキンに冷やすと芳香剤フレーバーが和らぐんじゃないか・・・と思って試してみましたがあまり変化はありません。ドリン君はちょっと無理かなぁΣ(´∀`;)

bang SOUR HEADSのエナジー成分

bang SOUR HEADS
カフェイン300mg、クレアチン、BCAA、CoQ10を配合。他にエナジードリンクやコーヒーを飲む方はカフェインの摂りすぎに注意ですね。

ちなみにサワーヘッズは香りが強くないのでジムで飲んでも香害を出す心配はないんじゃないでしょうか(*´艸`*)

bang SOUR HEADSのデザイン

bang SOUR HEADS
ブラックトップにオレンジタブの定番。これだけbangシリーズが増えてカラフルになったのでそろそろ缶カラーに合うカラータブ導入も進めてほしいですね。

bang SOUR HEADS
緑色でサワー系ということで酸っぱい青りんごを連想しがちですが、余計な風味がついていて青りんごではないかな・・・(^_^;)
このレビューのあと、コレクション用にストックしてあった別パッケージのサワーヘッズをキンキンに冷やしてがぶ飲みしてみました!が、やっぱり酸味だけでなく違和感のある苦味と香りに悩まされました(ヽ´ω`)

サワーヘッズとカフェインフリーの飲み比べ

サワーヘッズには今回レビューしている通常版とカフェインフリー商品の2つがあります。味は同じだと思いつつ、せっかくなので飲み比べしてみました。2本飲んでもカフェイン量は変わらず300mgですしね。
bang SOUR HEADS
こうして並べてみるとあまり違いが内容に見えますが、通常版のほうがやや白く濁っていてカフェインフリーのほうが透明度が高いです。

bang SOUR HEADS
このアングルから見ると左の通常版の濁り具合がわかると思います。bangコットンキャンディーも比較しましたが、こんな色の違いは感じられなかったので意外でした。

香りはどちらも控えめで味のベースとなる酸味や芳香剤系の風味もほぼ同じですが、カフェインフリーのほうは通常版にはない苦味が感じられました。これはコットンキャンディーのカフェインフリーでも感じたのですが、アルミが溶け出ているような独特の苦味でこれ以上飲めない感じ・・・。

カフェインの有無だけで味に変化をつける必要はないのに・・・と思うのですが(´・ω・`)
今回レビューしたサワーヘッズは通常版・カフェインフリー版ともにドリン君の口には合いませんでした。とは言え手にする機会があればぜひ飲んで味や香りを確かめてほしいと思います。

bang SOUR HEADSの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram