日本 レッドブルオーガニックス3種類、全国展開へ

投稿日:2019年4月25日|最終更新日:2019年7月11日

日本 レッドブルオーガニックス3種類、全国展開へ
2018年6月から関東圏内限定で発売していたレッドブルオーガニックスが、2019年5月下旬より全国で発売されることがわかりました。

これまでは関東限定で取扱店舗も少なかったため入手しにくく、存在自体知らない方が多いはず。2019年5月以降は全国展開し取扱店舗も増えるはずですので、この機会にぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

レッドブル・オーガニックスとは

日本 レッドブルオーガニックス3種類、全国展開へ
元々レッドブルの本家オーストリアで4種類、シンプリーコーラ、ジンジャーエール、トニックウォーター、ビターレモンが発売されました。添加物を使用せずオーガニック商品の認定を受けて販売される炭酸飲料であり、エナジードリンクではありません。

その後ヨーロッパ各国でも徐々に販売されていきました。後に世界最大のマーケットであるアメリカでも2018年4月から地域限定で販売開始。

関連記事

2018年6月、日本でも地域限定で発売

日本 レッドブルオーガニックス3種類、全国展開へ
日本では少し遅れて2018年6月から、シンプリーコーラジンジャーエールビターレモンの3種類を関東限定で販売開始。地域限定の上に取扱店舗が少なくあまり目にする機会がありませんでした。

全国展開 レッドブル・オーガニックスの販売店舗

全国のローソン(ローソンストア100を除く)、スーパーマーケット、ドラックストアなどで販売予定です。

価格は250ml缶で206円。エナジードリンクではないのでこの価格が受け入れられるのかどうか注目したいですね。

レッドブル・オーガニックスの成分

日本 レッドブルオーガニックス3種類、全国展開へレッドブル・オーガニックスは添加物を含まないオーガニック成分のみで作られているのでエナジードリンクに含まれる成分は入っておらず、とてもシンプルです。

カフェインはシンプリーコーラにのみ若干入っている程度で、他のビターレモンとジンジャーエールには含まれていません。

オーガニック成分だけで構成されていますが当然砂糖が含まれており、一般的な炭酸飲料などと違いはなく生活習慣病のリスクを高める可能性があるため飲み過ぎには注意したいですね。

レビュー

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram