日本モンスターエナジーM3が自販機限定で缶にリニューアル

投稿日:2019年4月 8日|最終更新日:2019年7月11日

日本モンスターエナジーM3が自販機限定で缶へリニューアル
これまで瓶で販売されていたモンスターエナジーM3が、4月23日より自販機限定で缶へリニューアルされます。新しい缶のM3を持つと中身が入っているのかわからないほど軽い(*´艸`*)本当に小さいです。

同日発売のパイプラインパンチとともに、同時に2種類のモンスターエナジー新作が発売となります。

レビュー

世界で唯一M3が存在する日本

アメリカで販売されていたM3が2014年に日本で発売された事自体、当時は驚きでした。アメリカ以外だとM3を販売しているのは日本だけです。

そしてアメリカでは既にM3が製造終了しているため、日本が唯一モンスターエナジーM3を手に入れることができる国となっています。恐らく今後3カ国目が出てくることはないでしょう。

そんな中、瓶で販売されていた日本のモンスターエナジーM3が小さい160ml缶になってリニューアルは驚きのニュースです。本来ならその他の新作フレーバーの拡充のため終売となってもおかしくなかったからです。

関連記事

160mlの世界で最も可愛いモンスターエナジーに

コンビニ展開されていたラベルデザインをそのまま缶に落とし込み、既存355ml缶の半分ほどのサイズで登場。レッドブルの185mlよりも小さい、世界で最も可愛いモンスターエナジーが日本で誕生です。

事前情報なしにネットにM3の缶の写真が出回ったら一瞬フェイクかと思われるのでは!?これまでのモンスターエナジーの歴史の中では想像できなかったことで、パイプラインパンチ発売とともに今後もモンスターエナジージャパンには期待したいですね。

日本モンスターエナジーM3が自販機限定で缶へリニューアル
ミニ缶は色々発売していますが、今回の新作M3の缶は特に可愛いですよね(●´ω`●)

最近のエナジードリンクニュース

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。