レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)

投稿日:2020年3月 3日|最終更新日:2020年3月 3日

レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
2020年3月3日発売、日本では4年ぶりの新フレーバーとなったレッドブルホワイトエディション。

日本のホワイトエディションは既に海外で発売しているホワイトエディションとは違い日本独自フレーバー「フレッシュブリーズ」です。どんな味なのでしょうか!?

メーカーレッドブル
製造国スイス
価格200円

濃厚なピーチの香りとスッキリした口当たりがみずみずしいホワイトピーチフレーバー

開栓すると桃の缶詰やネクターのピーチのような濃厚な桃の香りが吹き出します。想像していたよりも強い香りです。

レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
グラスに注ぐと中身は濁りのある白でした。淡いピンクかなと思っていた人もいるんじゃないでしょうか!?缶色をそのまま中身の色にした感じなのかな。

では飲んでみましょう。

口に含むとすっきりした甘味が爽やかでみずみずしいピーチ風味が広がります。口当たりが軽やかなのに桃の香りが濃厚なので満足感も高め。

後味はほとんど残らずベタつきなし、残留物もなし。僅かに残るピーチの香りが意外とリアルで、桃の果肉を食べたときのような余韻が楽しめます。これを無果汁で実現するエディションシリーズに毎回感心します。

レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
パンチの効いた味ではありませんが、香りがしっかりしていてピーチの適度な旨味が楽しめるので185mlのミニ缶では当然足りません・・・。

「これは250mlで出すべき!!」とも思いましたが、リフレッシュメントとしてサクッと飲むのもアリなのかも。氷をたっぷり入れて飲むと桃の甘味がさらに爽やかになって美味しかったです(๑´ڡ`๑)

レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズのエナジー成分

レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
カフェイン80mg、アルギニン222mg配合。通常のレッドブルとエナジー成分は同じです。

数量限定、日本限定発売のホワイトエディション

ホワイトエディションフレッシュブリーズは缶にも書いてある通り期間限定発売のリミテッド商品です。
レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
店頭からなくなり次第入手できなくなるので濃厚かつフレッシュなピーチフレーバーが気に入ったらまとめ買いしておくのをオススメします。

ちなみに世界ではホワイトエディションは限定品ではなく定番商品として販売されています。
レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
これらは世界各国で販売されているサマーエディション、ホワイトエディション、ココナッツエディションの一部です。
実は海外のホワイトエディションは元々季節限定商品の「サマーエディション2018ココナッツベリー」が定番化、ヨーロッパなどでホワイトエディション(アメリカなど地域によってココナッツエディション)として継続販売されているのです。

日本のピーチ味とは違いココナッツの香りが特徴のフルーツミックス系フレーバーで、日本と海外のホワイトエディションは中身がまったく違います。

というわけで世界のホワイトエディションと日本のホワイトエディションを比べてみましょう。
レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
左が日本のホワイトエディション(フレッシュブリーズ)、右が世界共通のホワイトエディション(ココナッツベリー)です。今回はドイツのホワイトエディションを参考に出してみました。
レッドブル ホワイトエディション フレッシュブリーズ(日本限定)
並べてみるとフレッシュブリーズの色は白ではなく淡いピンクでも華やかになって良かったかもしれませんね。白はナチュラルすぎるというか、エナジードリンクらしいインパクトにも欠ける気もします。

日本のフレッシュブリーズは爽やかなピーチフレーバー、海外のココナッツベリーはココナッツ&トロピカル系フルーツミックスフレーバーでココナッツの香りに癖があり好みが分かれます。個人的に断然日本のピーチフレーバーのほうが好きで、これが期間限定販売なのが残念です。

とは言え、今回のホワイトエディションを皮切りに数量限定の新フレーバーが年数回楽しめるようになればファンとしては嬉しいですよね、期待しましょう!

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram