Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spice

投稿日:2020年3月 1日|最終更新日:2020年5月18日

Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spice
2019年に発売された冬限定商品、ウィンターエディションホリデースパイス。

もともと2018年にオーストリアで発売されたウィンターエディションの世界版のような商品です。本家オーストリア版とは味が違うので別途レビューします。

メーカーレッドブル
製造国オーストリア
価格250円

やや物足りないチェリー系フレーバー

Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spice
チェリー系フレーバーにも関わらずオレンジの缶から中身もオレンジ。本家オーストリアのウィンターエディション・ルムトプフのときも今回のカナダのホリデースパイスもフレーバーとカラーがかけ離れていて少し違和感があります。

口に含むと爽やかであっさりめのチェリーフレーバー。濃厚で甘酸っぱいタイプのチェリーの風味ではありません。チェリーの甘味や酸味、果実感や香りなど際立つ部分があまり感じられずすべてが均等でサラッと飲めてしまうので250mlだと飲んだ気がしないかもしれません。

Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spice
カナダは250mlに加えて355mlも同時に発売されるので355mlが丁度良い量ですね。気づいたら355mlもなくなっているのですが・・・(^_^;)

Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spice
フレーバーはチェリー&スパイスフレーバーとのことでオーストリア本家ウィンターエディションとは味が違います。そして今回のホリデースパイスにスパイス系の風味があるかというとかなり微妙・・・。シナモン系の風味があると言えばあるし気にしなければまったく気づかない程度。

Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spiceのエナジー成分

Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spice
カフェイン80mg、タウリン1000mg配合。レッドブルシリーズ共通で果汁は含まれていません。英語とフランス語が公用語のカナダなので2言語で記載されています。

Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spiceのデザイン

カナダでは毎年発売の限定エディションでも250mlと355mlが同時発売されます。
Red Bull WINTER EDITION 2019 Holiday Spice
チェリーフレーバーでオレンジ色の缶はやっぱり違和感。中身もオレンジ色だしオレンジ系フレーバーかなと思っちゃいますよね(^_^;)本家オーストリアがこの色で出してしまったのが問題だったかなと思います。もう少し落ち着いたオレンジ色だと冬仕様にも見えそうです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram