RED BULL EDIĆION LIMÓN

レッドブルエディションレモン
2016年に前触れなく発売され、特に大きなプロモーションもされないまま終売となったRED BULL EDIĆION LIMÓN、ライムフレーバーです。発売前は商品名からメキシカンの多いエリア限定の発売かと思っていましたが全米で販売されました。色々謎な存在。

柑橘系の香りが贅沢に楽しめるライムフレーバー

開けた瞬間はライムフレーバーにありがちな柑橘系ライムの香り。んー、まあライムだからそんなに期待するほどのものでもないよね、くらいの印象です。個人的にライムフレーバーはあまり興味がないというのもありますがΣ(´∀`;)

レッドブルエディションレモン
グラスに注ぐとライムグリーン!白っぽくなくて安心w
シルバーエディションから商品名とパケ変更程度の限定復刻だったら残念だなと思っていたので良かったですε-(´∀`*)ホッ

飲んでみると味も相まって濃厚で複雑な柑橘系フルーツの香りが鼻を抜けていきます。最初に感じたどこにでもあるライム系の香りは何だったんだろう・・・。これはヤバイ!

味はライム系の酸味と苦味を感じる濃厚なシトラスライム。苦味があるだけで一気に重さが増して美味しくなるんですよね。

さらに飲み続けると酸味や苦味の旨味を支える果肉のような濃厚でみずみずしい甘さが感じられ、ここに香りが合わさり複雑なレモンライムフレーバーを楽しむことができます。

よくある酸っぱくて薄いだけだったり甘さが不自然に濃いライムフレーバーとは全く違います。特に苦味と甘味のバランスが絶妙。ライムの香りと苦味が程よく残り大人のライムエイドのイメージにぴったりです( ´∀`)bグッ!

これは355mlで良かった!250mlだったら少なすぎて物足りませんw

レッドブルエディションレモンのエナジー成分

カフェインは114mg、タウリンなどを配合。成分はいつものように同じですが成分表記部分には英語に加えてメキシコ向けにスペイン語も併記されています。
レッドブルエディションレモン
実はこれ、アメリカだけでなく本場メキシコでも発売してるんですよ。にも関わらず裏にサラッとこんなことをしてくるレッドブルはホント粋ですよね(u_u*)

特別感漂うリミテッドエディションのデザイン

レッドブルエディションレモン
これまでレッドブルのエディションシリーズは色違い程度でエディションレモンほど特徴的なデザインを施したものはありませんでした。

今回は今までのエディションシリーズのデザインそのままに柑橘系フルーツのイメージとメキシコのカラフルなイメージをうまく掛け合わせてますよね。正直店頭でのインパクトはそれほどなかったのですがwこれくらいさり気ないデザインもセンスが良いので好きです(u_u*)

レッドブルエディションレモン
今回は定番化せず期間限定で発売されたので何を意図した発売なのかは不明ですが、たまにこのような通常ラインとは別格のデザイン・フレーバーのエディションを出してほしいですね。

レッドブルエディションレモン
海外では濃いグリーン缶もよく出ているのでエディションレモン復活がもしあるならグリーンタブを期待します(*´ェ`*)

RED BULL EDIĆION LIMÓNの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について