レッドブル パープルエディション(日本)

投稿日:2021年6月 8日|最終更新日:2022年3月31日

レッドブル パープルエディション(日本)
2021年6月8日発売の紫のレッドブル、数量限定商品のパープルエディションです。

これまで海外ではブラジルで発売されたアサイーフレーバーのサマーエディションから始まり各国でアサイーエディション、パープルエディションと続き、そして日本で発売されたパープルエディションは独自のグレープフレーバーとして登場しました。

レッドブル パープルエディション(日本)の基本情報

メーカーレッドブル
製造国スイス
価格190円
グレープ
総合評価★★★★☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

甘くフルーティーなぶどう味

パープルエディションの名の通り、中身は美しい紫色。グレープの甘い香りが漂います。
レッドブル パープルエディション(日本)
口に含むと甘酸っぱい果実感を感じるぶどう味。ケミカルな風味はなく250mlだと一気に飲み干せてしまう美味さ。

ぶどうの甘味に対して酸味が主張しすぎず絶妙なバランスで、果肉のみずみずしさを楽しめるレッドブルらしいリッチなぶどうフレーバーに仕上がっています。

レッドブル パープルエディション(日本)
氷を入れてもぶどうの旨味は薄まらずしっかり味わえて果実感がよりフレッシュな印象になってお薦め!

無果汁でこの味が楽しめるのがレッドブルエディションシリーズの醍醐味ですね。他ではなかなか味わえないリッチテイストのエナジードリンク、数量限定なのでなくなる前にぜひ堪能してください。(これまでの売れ残りのイメージがあるエディションシリーズとは違い、すぐに店頭在庫がなくなって気がついたらなくなっていた感じでした)

日本独自フレーバーのパープルエディションとブルーエディションの飲み比べ

2015年10月に日本で発売されたブルーエディションのぶどう味。これもブルーエディションなのに日本独自フレーバーでした。今回のパープルエディションも過去のブルーエディションも同じぶどう味ということで、レッドブル新旧ぶどう味の飲み比べをしてみました。

左がパープルエディション、右がブルーエディションです。
レッドブル パープルエディション(日本)
6年の経過とともにブルーエディションの色が完全に抜けてしまってスモーキーグレーになってますね。これはこれでクールですが・・・グラスに注いでびっくりしました。数年経過でこのように抜けるものはよくあるんですよ、ライノスのリラックスとかね。

と言うわけで飲み比べてみました。が、最初に書くと飲み比べる必要がないほどブルーエディションの味が落ちてしまって、ぶどう特有の甘みが死んでいましたΣ(´∀`;)

ぶどうらしい香りと酸味はしっかり残っているもののぶどう味として形を残せていない感じ。新作パープルエディションを飲んだ瞬間、昔のブルーエディションもこれにほとんど近い味だったと思ったのですが6年の劣化は想像以上に進んでおりまともな飲み比べができず・・・。
レッドブル パープルエディション(日本)
これは仕方ないですね。数年前にも実はレッドブルからぶどう味が出ていたこと、紫色が劣化するとこんな感じで色が抜けることをこの機会に知ってもらえれば良いかな。

レッドブル パープルエディション(日本)のエナジー成分

レッドブル パープルエディション(日本)
カフェイン80mg、アルギニン300mg配合。エディションシリーズはすべてオリジナルと同じエナジー成分と配合量です。最近は日本でもカフェイン量のインフレが続いていますが、1日のトータルカフェイン摂取量を考えるとこのくらいの量が丁度よいと思います。

そして毎回感心する無果汁でこの美味しさ、素晴らしいですね。レッドブルが果汁入り商品を作ったらどうなるのかいつも気になってしまいます。

レッドブル パープルエディション(日本)のデザイン

レッドブル パープルエディション(日本)
全体が紫、上部に数量限定のシルバーラインが入るパープル×シルバーの組み合わせで落ち着いた高級感のある印象です。

レッドブル パープルエディション(日本)
日本独自の「Mystic Magic」はこれだけだと何味かわかりませんが、さすがに紫のレッドブルだと缶カラーだけで味はイメージできそうですよね。

レッドブル パープルエディション(日本)
世界のパープルエディションではここに何味かわかるように「Acai」が入ります。日本だけ毎回独特でフレーバー名を書く気が一切ない独自路線を貫いています(^_^;)

2022年3月29日、自動販売機限定でパープルエディションが復活

2021年発売当初は「数量限定」でしたが、2022年3月29日突如自動販売機でパープルエディションが再販されることになりました。

今回は発売当初の「数量限定」のラベルはなくなり通常版になったようです。定番商品になってファンとしては嬉しいですよね。
レッドブル パープルエディション(日本)
パープルエディションは店頭からかなり早くなくなっていったのでアマゾンで箱買いしていたのですが、それもすぐ飲み干してしまい・・・。もったいなくて少しずつ消費してきたときに定番化はタイミングが良かった!

レッドブル パープルエディション(日本)
相変わらずぶどう果肉の旨味がみずみずしい。レッドブルのエディションシリーズのフレーバーはいわゆる普通のグレープフレーバーとは違うのでぜひこの再販を機に改めて味わってもらえたらと思います。

レッドブルはエディションシリーズをどんどん出すべき

今回もレッドブルらしい無果汁かつリアルでリッチなぶどうの美味しさを形にしてくれましたが、一般的には「エナジードリンクらしくない味」という声も多いかなと思います。これは日本独特な感じもするしパープルエディションが「ぶどう、グレープ」というジュースとしてメジャーすぎる味なので仕方ないかもしれないですね。

ドリン君はアメリカで初めてエディションシリーズが3カラー同時発売したときから全てのエディションを飲んできましたが、それぞれ常にクオリティの高いフレーバーで毎回楽しませてくれています。

今後日本でも年数回、数量限定でいいので多彩なフレーバーを出してレッドブルエディションシリーズの他にはない美味さが定着していくと良いなと思います。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのレッドブル パープルエディション(日本)の味・成分の感想・評価

菊地 :2021年6月 8日 11:33

★★★★★

パープルエディション飲みました!グレープフレーバー美味いです!ZONeのグレープよりもパープルエディションのほうが美味い!同じグレープフレーバーならレッドブルを買います!でも量が少ないところが残念です。

ken :2021年6月 8日 13:33

★★★★★

発売日が近すぎてZONeマッドハッカーに被せたとは思えないけど、今回はレッドブルの勝ちですね。比べるまでもなくパープルエディションのほうが美味いです。ドリン君さんにはぜひ飲み比べレビュー、評価をしてほしいところ。

ダフト :2021年11月 6日 04:55

★★★★

パープルエディションって急になくなったと思うのですが、どうですか?キャラクターとコラボしてからそのファンたちがたくさん買ったのかなぁ。パープルエディションはすごく美味しかったのでもう少し飲みたかったです。

感想・評価の投稿

名前

コメント