レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ

投稿日:2022年4月26日|最終更新日:2022年4月30日

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
2022年4月26日発売、レッドブル ルビーエディション。今回は缶上部に「数量限定」の文字が見当たりませんがネットのプレスリリースを見る限り数量限定販売らしい・・・。

手に取って裏面フレーバー名を見ると「マンゴスチンフレーバー」の記載が!2017年に海外で発売されたものは違う味、何と日本独自フレーバーでルビーエディションが登場です。

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュの基本情報

メーカーレッドブル
製造国スイス
価格190円
ピーチライチ
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュの商品画像 レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュの特徴とお薦めポイント

  • マットな質感でビビッドなルビー色の缶が美しいカラーエディション
  • 爽やかなマンゴスチンフレーバー。ピーチやライチ系の味が好きな方向け
  • ケミカル感のないフレッシュな果実な味わいでスッキリ飲める

マンゴスチン果肉の爽やかな甘味が楽しめる

中身の色はマンゴスチン果肉のような白く濁った色合い。甘く爽やかな香りが広がります。さっそく飲んでみましょう。

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
口に含むとマンゴスチン、ピーチ、ライチなどの爽やかな甘味とほんのりとした酸味がアクセントになった果実感溢れる味が楽しめます。

香りと甘味や酸味の味の変化によって果肉の風味が割りとよく再現されていて、エナジードリンクで想像しがちなケミカル感などはなく誰でも美味しく楽しめるはず。この優しい味わいは女性向けを意識しているのかな?

「果物の女王」とも呼ばれるマンゴスチンですが日本ではあまり食べられないフルーツでしょう。まだルビーエディションを飲んでいない方はピーチやライチ風味と言えばイメージしやすいかも。

日本のレッドブルでは既にピーチフレーバーのホワイトエディション(こちらも日本独自フレーバー)が発売されているので似たような同じ系統の味が出たなという印象。ちょっと被ってる感じは否めません。

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
氷を入れてキンキンに冷やして飲むと爽快感が増して、南国のフルーツマンゴスチンの風味を爽やかに楽しむことができます。個人的には氷入りでがぶ飲みがお薦め。

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュのエナジー成分

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
カフェイン80mg、アルギニン300mg配合。250mlサイズの標準的なエナジー成分です。これくらいの量だと飲み過ぎにもそこまで注意しなくて良いので安心して飲めますね。

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュのデザイン

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
マットな質感の落ち着いた高級感漂う印象と鮮やかなルビーカラーがビビッドなレッドブル。

レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
マンゴスチンのルビー色の果皮とその中にある白い果肉のイメージをそのまま再現したのが日本のルビーエディションです。こういう演出はけっこう好き。

海外で発売されていたルビーエディションとの違い

2017年に海外で発売されていた期間限定サマーエディションとその後定番化したルビーエディションはピンクグレープフルーツ味でした。
海外で発売されていたルビーエディション
そのため今回発売されたマンゴスチン味の日本のルビーエディションは日本独自フレーバーとなります。

海外で発売されていたルビーエディションのピンクグレープフルーツは極上の味わいでレッドブル史上トップクラスの出来だったので、こちらが日本でも楽しめるようになるのかと思っていました。これが日本の夏に来てたらヤバかった・・・。

Vivid Flash

海外のレッドブルでフレーバー名が書かれる部分は日本独自仕様で白く目立つように「Vivid Flash」が入ります。
レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
缶正面を見ただけでは何味か想像つかないので海外のサマーエディション・ルビーエディションの存在を知っている人はまさかこれがマンゴスチン味とは思わないでしょう。

裏面を見るとしっかりマンゴスチンフレーバーと書かれています。
レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
過去発売の日本のエディションシリーズを見るとわかるとおり、日本だけは世界展開の同商品名でも海外のフレーバーと違う独自フレーバーを採用します。そのため既に海外のレッドブルを飲んでいても日本版を楽しめる一方で、海外の美味しいフレーバーを日本では楽しめないのがもどかしいところでしょうか(^_^;)

無印のルビーエディション

ネットのプレスリリースを見ると今回のルビーエディションもこれまで通り「数量限定発売」ということらしいですが、過去のエディションシリーズの缶上部にあった「数量限定」の表示はなくなっています。
レッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュ(日本)
数量限定なのにレッドエディションオレンジエディションも店頭在庫が残っているのが原因かな?店頭に残りすぎていると数量限定感がないですもんね。

ルビーエディションは既存定番商品のホワイトエディションに近い味、2021年発売でまだ店頭に残っていることも多いレッドエディションに近い色合いの缶カラー・・・。ビビッドなルビーカラーが美しくて見た目はすごく好きですが、店頭での目新しさには欠ける気もします。果たして日本のルビーエディションは人気が出るのでしょうか!?

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのレッドブル ルビーエディション ビビッドフラッシュの味・成分の感想・評価

ゲイリー :2022年4月26日 20:28

★★★★

マンゴスチンフレーバーだとは思ってもみなかった!味はマンゴスチンを食べたことがなくてわからないけど、ピーチ系の味ですね。普通に美味しいんだけど、これか?って疑問符がつく。最近のレッドブルは微妙なフレーバーが多い。売れ残りのご指摘もそれを物語っていると思います。ルビーエディションは来年まで残ってたりするんじゃ????

感想・評価の投稿

名前

コメント