レッドブル ブルーエディション オーシャンブラスト

投稿日:2022年7月19日|最終更新日:2022年7月23日

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラスト
2022年7月19日発売、日本では3回目の発売となるレッドブルブルーエディションで新フレーバー。ちょっと意味がわからないかもしれませんが、日本は3回もブルーエディションが出てるんですよΣ(´∀`;)

この缶カラーを見ればわかるとおり海外のブルーエディション・ブルーベリーフレーバーとは違い、今回は日本独自仕様のライチフレーバーです。どんなライチに仕上がっているか、さっそく飲んでみましょう。

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの基本情報

メーカーレッドブル
製造国スイス
価格190円
ライチ
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの商品画像 レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの特徴とお薦めポイント

  • 爽やかで優しい甘味のライチ味

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの味

開栓すると甘いライチの香りがしっかり広がります。ライチ系飲料らしい白く濁った色。香りとこの色で味は想像しやすいですね。
レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの味
口に含むとほんのり甘酸っぱいライチ味。口に残りにくいなめらかな甘味とアクセントとなる酸味が優しい味わいです。

そもそもライチ自体あまりパンチのある味ではないので日本のエナジードリンクに期待されがちな濃厚で強めの味・香りの印象とはちょっと違うかも。エナジードリンクだからといってライチ味を過剰に加工する必要はありませんが、今回のブルーエディションは良くも悪くも普通すぎる味と評価されそうですね。

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの味
この手の味は冷蔵温度でしっかりした甘味を楽しむのも良いですが、個人的には氷入りで爽快感を高めてライチの香りを楽しむのが好きかな。

レッドブル・ジャパンはホワイトのピーチ味前作ルビーのマンゴスチン味、そして今作ブルーのライチ味、のように似たようなフレーバーを良く出す印象ですね。この手の爽やかな味推し?

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストのエナジー成分

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの成分
カフェイン80mg、アルギニン300mg配合。レッドブル標準のエナジー成分です。ブルーエディション特有の成分は特になく、これまでのエディションシリーズ同様に無果汁です。

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストのデザイン

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストのデザイン
夏向けの新作は明るいターコイズブルー。マットな質感も上品な印象です。このターコイズブルーで「ブルーエディション」としたのは日本だけです。

日本の3種類のブルーエディションを見てみましょう。
レッドブル ブルーエディション 歴代3種類
過去に日本で発売された世界共通カラーのブルーエディションは、初代ブルーベリー味(2014年)、2代目日本独自のぶどう味(2015年)として発売されていて、今回のライチ味オーシャンブラストは3代目ブルーエディションとなります。

色がブルーエディションとするには明るすぎますね。
水色のレッドブル
レッドブル公式でも「水色のレッドブル新登場!」としていますが、さすがにライトブルーエディションとするには長すぎるし、これは仕方ないか。世界初「オーシャンエディション」でも良かったかも?

海外のレッドブル過去作品との共通点

レッドブル ブルーエディションの世界比較
ちなみに「オーシャンブラスト」という夏の海をイメージしやすい商品名は、2019年に世界で発売された季節限定サマーエディションの「ビーチブレンド」、「ビーチブリーズ」に近い名前で、夏の海をイメージした世界共通の夏向け商品の流れを汲んだものと思います。

当時発売された海外のサマーエディションのフレーバーはほんのりココナッツの風味がついたトロピカル系サンスクリーン&芳香剤味だったので日本のオーシャンブラストとは別のフレーバーではあるものの、缶カラーや商品名などコンセプトは今回の日本版ブルーエディションと似ていますよね。
海外の夏限定サマーエディション
美しいオーシャンブルー、しかも白いライチ味の「ブルーエディション」はまた日本独自路線で来たなという印象もありますが、2019年発売の世界のサマーエディションとの共通点もあり、レッドブルの国内外の歴史とともに見ていくとより楽しめるでしょう。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの関連エナジードリンク


みんなのレッドブル ブルーエディション オーシャンブラストの味・成分の感想・評価

水草 :2022年7月23日 13:58

★★★★

飲みやすくて美味しかった

感想・評価の投稿

名前

コメント