1254
Reviews
エナジードリンクレビュー掲載中
376
Comments
みんなの口コミ&感想掲載中
7000
Collections
世界各国へ行き集めたコレクション

レッドブル レッドエディション グルービーフィズ

投稿日:2022年9月27日|最終更新日:2024年2月12日

レッドブル レッドエディション グルービーフィズ
2022年9月27日発売、日本では2度目のレッドエディション。公式によれば今回のフレーバーは「いちご味」とのこと。1年で同じカラーエディションが出るのは世界的に見ても異例です。

日本オリジナルの商品名「レッドエディション グルービーフィズ」ではあるものの、実物を手にとってみるとフレーバーは2022年のサマーエディションと同じ「ストロベリー&アプリコット」でした。このフレーバーは現在アメリカでアンバーエディションとなって定番化しています。

はたしてグルービーフィズは日本独自仕様のいちご味になっているのでしょうか!?早速飲んでみましょう。

レッドブル レッドエディション グルービーフィズの基本情報

メーカーレッドブル
製造国日本
価格(購入時)190
アプリコットストロベリー
総合評価★★★☆☆

レッドブル レッドエディション グルービーフィズの商品画像 レッドブル レッドエディション グルービーフィズの特徴とお薦めポイント

  • 濃厚なストロベリーキャンディーフレーバー
  • 果肉感はなく濃い味なので氷をたっぷり入れて飲むのがオススメ

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界7,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

レッドブル レッドエディション グルービーフィズの味

開栓すると無果汁砂糖入りいちごジュースやストロベリーキャンディーのような甘酸っぱい香りが吹き出します。中身の色も着色されたいちご感が出てますね。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズの味
口に含むと甘酸っぱいいちごキャンディー系フレーバー。フレッシュな果肉感はなものの濃密な味わいが楽しめます。濃い味が求められがちなエナジードリンクジャンルとしてはアリかな。

個人的にはキャンディー感が強すぎる・・・。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズの味
というわけで氷を入れてキンキンに冷やしたほうがストロベリーの味わいが爽やかになりフレッシュな感じで楽しめるようになります。常温・冷蔵温度くらいだと濃すぎるかな。氷入りで丁度良くがぶ飲みできますよ。

缶の裏面を見てみると公式のプレスリリースでは「いちご味」となっていたものの「ストロベリー&アプリコット」になっていますね。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズの味
これは2022年世界で発売された季節限定サマーエディション、そしてそれが定番化したアンバーエディションと同じ味。せっかくなので飲み比べてみましょう。

日米のストロベリー・アプリコットフレーバーを飲み比べ

既にサマーエディション2022はレビュー済み。今回は数日前にアメリカ旅行で買ってきたアンバーエディションと飲み比べてみますね。

左が日本のレッドエディション グルービーフィズ、右がアメリカのアンバーエディションです。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズの味を日米で飲み比べ
どちらも同じ色そして香りも同じ、グラスをシャッフルしたらどちらがレッドエディション グルービーフィズかわからなくなるほど違いがありません。

飲み比べてみると一瞬日本版ほうが濃厚で甘酸っぱいストロベリーキャンディー感を強く感じますが、ベースフレーバーの違いはなく日米ともに同じ味・香り。どちらを飲んでも同じストロベリーキャンディータイプの味わいが楽しめます。もちろんどちらも氷入り推奨です。

商品名もカラーも違いますが、これらは味が同じ。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズの味を日米で飲み比べ
レッドブル・ジャパンの言う「いちご味」とするならば、断然日本版の赤いレッドエディションのほうが味のイメージはしやすいですね。

レッドブル レッドエディション グルービーフィズのエナジー成分

レッドブル レッドエディション グルービーフィズのエナジー成分
カフェイン80mg、アルギニン300mg配合。通常のレッドブルと同じエナジー成分で無果汁です。

レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン

数量限定レッドエディション

レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン
赤くマットな質感に缶上部には落ち着いたオレンジ色で「新フレーバー」の表示が入ります。このオレンジ色のような黄色はストロベリーの赤だけでなくアプリコットの黄色、オレンジ色をイメージしているのかもしれませんね。

ちなみにこれまでだとここに入っていた文字は「数量限定」でしたよね。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン
今回は初回だけ「新フレーバー」で一定期間後に真っ赤になったレッドエディションになる定番商品かな、と思ったらプレスリリースによると今回も数量限定なんだとか。

今回は前作スイカ味ワイルドパッション発売からたった1年で同じ「レッドエディション」にしてしまったため、このように新商品・新味とわかる表記にしたのでしょう。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン
レッドエディションを並べれば配色の違いも一目瞭然。しかしどちらか一方だけ見たときは一瞬違いがわからないかもしれません。特にエナジードリンクを日頃買わない層からすると余計にね。下手したらワイルドパッションがかろうじて売れ残ったままの店もあるかもしれません・・・。

海外のストロベリー・アプリコットフレーバーとのデザインについて

また海外標準のオレンジ色の缶でストロベリー・アプリコットとするのも同じくらい紛らわしいし、赤と薄いオレンジの組み合わせは苦肉の策かな。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン
仮に日本でもアンバーエディションにして飲んでみたらストロベリーキャンディー味というのも意味不明に感じてしまいそうですしね・・・。ちょっと前には日本でオレンジエディション出してるし。

何味かわかりやすいほうが個人的にはわりやすくて好き

前からレビューで書いていますが、本来フレーバー名が入る部分に抽象的な商品名、今回だと「グルービーフィズ」が入るだけでさらに紛らわしくなるので、ここに海外標準と同様に「ストロベリー・アプリコット」を入れてくれたほうが消費者にもわかりやすかったかも。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン
以前のスイカ味ワイルドパッションもここに「スイカ」と入れておくだけで今回の新レッドエディションとの違いがわかりやすかったかもしれませんね。

グルーヴ感溢れるレッドブルならではのデザインが見てみたい

レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン
とは言え今回の「グルービーフィズ」は商品名からも公式サイトのデザインからもイメージしやすい「グルーヴ感あふれる音楽」をテーマにしているようで。
レッドブル レッドエディション グルービーフィズのデザイン
キャッチコピーは「鳴り響く、鼓動の翼。」らしく、キャンペーンではレコード型の非売品グッズが用意されています。これはクールですね!!

ここまで見ないと商品単体では赤いレッドブルにしか見えないのが惜しいですね。音楽カルチャーが感じられるデザインが欲しいなぁ。

関連記事

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レッドブル レッドエディション グルービーフィズの関連エナジードリンク


みんなのレッドブル レッドエディション グルービーフィズの味・成分の感想・評価

H.curbler54 :2022年9月30日 07:40

★★★★

思ってたよりめっちゃ濃い!!常温で飲んだら後悔するぞ!!(多分冷やせば美味いはず)

エナ :2022年10月 1日 13:40

★★★★

いちご風味で飲みやすい
個人的には結構好きかも。
エナジー初心者についてオススメ。

ケーブル :2024年2月12日 18:31

★★★★

思ったよりもいちご味
レッドブルっぽさはあんまり無いから、エナドリ初心者におすすめ

感想・評価の投稿

名前

コメント